This Archive : 2009年04月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスへの道 第45話

2009.04.30 *Thu
木曜日の朝、教室に現れたのはアンブリッジ。
どうやら総統閣下…じゃなくてホームズは
(つーかもう総統に変えようかな…、名前)
お休みの様です。

ということで、木曜日の前半はアンブリッジ授業でした。
ホームズ・ルパンの早口英語で鍛えられた姫様には
もはやへのかっぱです。(ハハン)

むしろ、大丈夫じゃなかったのはアンブリッジ。
なんとホームズ・ルパン・フィルチの3人が当日欠勤で
キリキリ舞いな模様。
(姫様全員担任だったし。現担任&元副担任×2)
「まったく教務主任なんかなるもんじゃないわよ」
って、3回くらい言ってました。

なんか、本当にアンブリッジは参っていたみたいで、
その日の午後、ペネロピ先生に
「今日の午前中3人も休みだったの??」と聞かれました。
なんでも、ペネロピ先生は出勤した途端
(ペネロピ先生は午後の姫様たちの授業のみ担当です)
アンブリッジにつかまって愚痴られたらしいです。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第44話

2009.04.29 *Wed
さて、本日は副担任のヒロシの主催のパブナイトでした。
近所のパブで、マンチェスターユナイテッドVSアーセナルを
観戦しましょうの巻です。

実はヒロシは熱狂的なリバプールファン。
リバプールが好きな人は、マンユーが嫌いなので、
授業中もよくマンユーをこきおろしています。
姫様の最初の担任ルーピンがマンユーファンだったので、
ケンブリッジの人はみんなマンユーが好きなのかと思ったら
そうでもないみたいですね。
クラスメイトはアーセナルファンが多く、
その日の合言葉は、
「マンユーが叩きのめされるのを鑑賞するパブナイト☆」でした。

ところで、イギリスのパブは日本の居酒屋と違い絶対禁煙です。
入口にはおっかなそ~なガードマンが立っていて、
携帯で話してても外に出されるんですよね。
こういうところは紳士の国なのかな、と思います。

閑話休題。
サッカー観戦って…なんか日本で言うワールドカップ並みの
盛り上がりでした。うん。フーリガンの国だ。
でも、普段パブに行ったりしないので、中々楽しめました。
肝心のマンユー・アーセナル戦。
前半マンユーが先制してそのまま1-0でアーセナル敗北。

翌日、ヒロシが「女の子たちも昨夜は楽しめたかい?」と
聞いてくれました。「勿論」と肯定すると、
「…そうか、よかったね…」
クラスの雰囲気が何となく暗くなったのは言うまでもありません。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ぐほ!!

2009.04.28 *Tue
劇団四季版、新エルファバが登場していますね!
江畑晶慧さんという方です。

わ~見たことない~。
観てみたい~。

なんだかんだで、グリンダ・エルファバの日本人キャストは
全員網羅していたのになあ。
多分コンプリートできないな…(涙)
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第43話

2009.04.27 *Mon
我がクラスの総統閣下…じゃなくて担任のホームズが
自他共に認める昔ながらの英国人ということは以前述べた通りです。

先日、チョットした進捗テストをしたときのこと。
就学前の子供が行く学校を問う問題があったのです。

ホームズの答えは「preschool」だったんですね。
クラスメイトが「kindergarten」じゃダメなのか、と聞いた時の返答。

「テストだから正解とするのは可能だ。
 でもkindergartenはアメリカで通用する用語であって、
 ここではpreschoolが一般的だ。
 今度からそんなバカな解答はしないでくれ」

ハイ。もちろん姫様は「そんな馬鹿な解答」をしましたとも!
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第42話

2009.04.26 *Sun
ある日、授業を終えた姫様。
いつものようにボ~っと歩いていると、とある人物にばったりでくわしました。

…フィルチだ!!!!

出席簿持ってるとですよ。
「お前やめたんじゃないのか!!??ハチはお前は辞めた言とったぞ!!」
と、叫びそうになった姫様ですが、
本音と建前を自由自在に使い分けるニポン人。
「フィルチ、久し振り!!」と笑顔で言ってやしましたよ。

なんか、聞いてもいないのに「(体調が)良くなったんだ」
とのたまっておりました。
宮殿の管理人として戻ってくるわけではなさそうなので、
問題なっしんぐぅ~です。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第41話

2009.04.25 *Sat
4月23日は、セント・ジョージズ・デーというイングランドの記念日でした。
と言っても、バンクホリデー(お休み)ではないので、
どーだっていいのですが。

何でもキリスト教の英雄の一人で、ドラゴン退治した偉い人だとか。
誰かに言われたキリスト棄教を拒否したせいで、
処刑された日が4月23日とのこと。

このセント・ジョージは、イングランドの守護聖人で、
彼の旗印が白地に赤の十字。これはイングランド国旗です。
スコットランドのセント・アンドリューは青地に白の斜め十字、
アイルランドのセント・パトリックは白地に赤の斜め十字。
これを統合したのが、イギリスの国旗、ユニオンジャックなのです。

以上。
ペネロピ先生の授業より。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第40話

2009.04.24 *Fri
なななんと、本日はペネロピ先生にご招待いただき、
ペネロピ先生のお宅を訪問しました。

庭も家もでっけ~~!!
015_convert_20090502041650.jpg
008_convert_20090502041337.jpg

ペネロピ先生がお茶とスコーンを用意してくれていて、
お庭でアフタヌーンティです。

そしてお茶をいただいた後はクロケーに初挑戦。
クロケーとは、ハートの女王とアリスがプレイしたアレです。
残念ながら道具はフラミンゴとハリネズミではありませんでしたが。

012_convert_20090502042036.jpg


ペネロピの坊や(8歳)も途中参戦して、英語を教えてもらったり(笑)
近所のママさん&女の子(7歳)と男の子(3歳)も遊びにきて
会話にならなかったり(笑)
3歳は無理でした。単語すぎてわからない。
でも人見知りをしない子で、姫様に突進してきて抱っこを迫ってくる
かわいい坊やでした。

お茶会&クロケーとアリス気分で幸せな時間を過ごせました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第39話

2009.04.23 *Thu
ヒロシ、かなりいいキャラクターです。
変な仮名にしてごめんよ…。

ある授業中。
語彙の練習で、UFOとかエイリアンとか、ゴーストを
勉強していたときのことでした。
一区切りついたとき、
「ところで、この欧州施設のゴーストを知っているか?ここにも出るんだよ。」
とヒロシが語り始めました。
おっと、英国産のオリジナルの怪談か??
と期待した姫様。

「50歳くらいの老婦人でね、金髪なんだ。
昼間2階(職員室がある階)を徘徊していてね。
名前の頭文字は“A”なんだよ。
僕はいつ首を刎ねられるかびくびくしているんだ。」

それってアンブリッジじゃん!!
注)教務主任のレニーが4月一杯で退職するため、
現在アンブリッジが教務主任を務めているのです。


「君たち、言っちゃだめだよ」
と変わらぬテンションでしめくくるヒロシであった。
(ちびまる子ちゃん風に締めてみました、ヒロシ繋がり。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第38話

2009.04.22 *Wed
つい最近ルパンについてべた褒めした記事を書いたのですが・・・。

今週から、私たちのクラスがグレードアップしたことを機に、
ルパンが外れてしまいました(号泣)

ルパンじゃなくて、総統閣下…間違った、ホームズを
変えてくれりゃいいのに…。
私の英国オモローメディア情報源が…。

かなり意気消沈の姫様でしたが、
新しく来た副担任もとっても面白い御仁でした。
返しがシニカルで、何よりめちゃめちゃ聞き取り易い英語を話してくれる
仮名ヒロシ。(シニカルキャラで彼しか思い浮かばなかったとです)

話し方が、ルーピンとそっくり。
授業内容も無難に面白い。
(けなしてないですよ!ルパンのセレクトはマニアックだったから・・・)

なんか、総統…じゃなくてホームズ(しつこい)の
精神力削られたあとの授業なので、
かなり和みます。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/04/18 ウィキッド マチネ(2)

2009.04.21 *Tue
観劇記続き。

気がついたこと。

紙関係。
エルフィはなんでもグシャ!ってする。
これは絶対欧米とニポンの違いだと思います。
エルフィとディラモンド先生がお昼を食べるシーンです。
ニポンでは、エルファバがランチを包み直してからカバンに戻すのですが、
NY含めこっちで見た限り100%
欧米人のエルフィはカバンにグシャ!ポイッ!ってする。
後半フィエロのお手紙すらグシャってするのには
えええ!!って思うんですよね。
たたんで!!大事にしまって!!ってニポン人は思うとですヨ…。
あ。でも私、欧米版エルフィってケリーさんしか見てないんだな。
もしかしたらKerryエルフィのみの演出かもしれません。
ん~飛行機の座席とか見る限り多分欧州スタンダードだと思いますが。


グリンダの受難
というか、今回はポピュラーでハプニングが!!
グリンダのベッドが何故か逆さまで登場。
二人のやり取りはずっとエルフィのベッドで。
Dianneグリンダ歌い踊りながらだから、本当に大変だったと思います。
結局ベッドがはけるシーンはスタッフが出てきちゃってたから
ホントにどうにもならなかったハプニングなんでしょうね。

なのに、なのに同じシーンでもう一つ大問題が。
いや、私はポピュラー始まる前に気づいていたのです。
ピンクの花、頭についてないよグリンダ!!!

ポピュラーの最後、グリンダが自分のヘアアクセサリーの
ピンクの花を抜いて、エルファバにつけてあげるための大事なアレが。
イヤ、もう私がポピュラー中ずっと気が気でなかったです!!

Dianneグリンダ、どうやら全然気がついてかったみたいで、
そのシーンになってから、頭に手をやって、初めて花が無いことに
気づきました。だって、完全に「あり??」って顔してたもん。
もう、絶対頭真っ白になっただろうな…。
でもさすがプロ。
自分のピンクのドレスの布地をエルフィにあてがって、
さも、「ホラ、あなたピンクのドレスだって似合うのよ」って
感じの雰囲気をかもしだして台詞を続けていました。
プロってスゴイ。
ということで、本日の観劇はDianneグリンダの受難が全てでした。
いや、よく頑張った!!

ロンドン版で好きな演出や、好きな役者さんも出てきましたが、
やっぱり100%台詞が理解できて、ちょっとした仕草や反応や
笑いのツボがしっくりくるニポンのミュージカルが恋しい
今日このごろです。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/04/18 ウィキッド マチネ(1)

2009.04.20 *Mon
グリンダ Dianne Pilkington
エルファバ Kerry Ellis
フィエロ Oliver Tompsett
オズの魔法使い Desmond Barrit
マダム・モリブル Harriet Thorpe
ネッサローズ Caroline Keiff
ボック Jeremy Legat
ディラモンド教授 Andy Mace(公表はこの名前でしたが多分違うヒトでした)

ロンドン アポロ・ビクトリア劇場にて観劇
♪CIRCLE(2階席) 前から3番目左ブロック♪

まずキャストから。

グリンダ
前回鑑賞のグリンダだったらちょっとヤダな、と心配していたら
Dianneグリンダに戻っていました。かわいいです!
前回の鑑賞ではちょっと地声がうるさかったり、
ソプラノパートが出ていなかったりで
前回の鑑賞では、ちょっと歌に抵抗があったのですが、
なんかすごく上手になってた…??
NO ONE MOURNS THE WICKEDの高音もバッチリでした。
ポピュラーでコブシまわっちゃったり、台詞にドスがきいていたり、
沼尾グリンダにすごく近い演出なんです。

エルファバ。
喜楽が無いけど、えらく声が伸びるKerryエルフィです。
前回も書きましたが、ホントにWIZARD AND I、NO GOOD DEEDは
声が伸びててすごくキレイ!

フィエロ
人力車の君Oliverフィエロ、英国貴族ご健在です。
DANCING THROUGH LIFEで、全然踊れてない(というか踊ろうという気概すら感じない)
のに、息が切れちゃってます。頑張れ。
英国紳士もある程度の体力は必要だゾ。

オズの魔法使い
メタボ完全体のDesmond陛下。全然魅力を感じないんですよね。
「♪飲みなよ、さぁ、この酒を♪」って歌ってた頃の面影全然ないじゃん。

マダム・モリブル
この人もオズ陛下同様。全然魅力を感じないです。
オズの陛下ともこちらにきて3回連続このHarrietマダムですが、
グリンダ・エルファバに勝ててないんですよね。
ウィキッドって、悪役という言葉は適切でないけど、
このマダムがグリンダ・エルフィのネメシスであり、三つ巴を完成させる
要素だと思うのです。
四季の森モリブル先生なんて、もう完全に歩んできた人生が見えるような
全身全霊かけて自分の正義で行動しているように見えて、
「おっかねええ!!」って思うのです。
でもこのモリブル先生は、なんか薄っぺらいんですよね。
役柄を演じているってカンジ。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

撃沈

2009.04.19 *Sun
久しぶりに四季会員先行発売に参加しました。
ロンドンウィキッドを見てきた、気分的には勢いあふるる
土曜日夜中。
ロンドンでたくさん歩いてもう眠くてしょうがなかったけど、
頑張って起きていましたヨ、あたしゃ。

いや、予想はしてたけど繋がらない繋がらない。
ようやく繋がったのは、発売開始二時間後。
こっちにしてみりゃ午前4時ですよ。
アハハ~。眠かったけど頑張ったヨ~。

千秋楽が外れたのでせめて千秋楽イブを、と思ったのですが
繋がったときにはもう全席ソールドアウト。
まあ、千秋楽イブイブが取れたからヨシとします。
ちっくしょ~。

なんか、特別な日のチケット予約は、
その観劇に対しての1000文字作文とかにより、抽選してくれませんかね…?
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

Dr. Horrible’s Sing-A-Long Blog

2009.04.18 *Sat
「プリンセスへの道第37話」で触れた
Dr. Horrible’s Sing-A-Long Blogです。
鑑賞場所:ルパンの授業中と、続きは自力でユーチューブ。

最初は、悪の科学者ドクター・ホリブルの悪役っぽい独白&
届いたEメイル紹介から始まります。
主役のドクターホリブルは、悪の科学者で、悪役っぽい発明品で
悪事を働いているご様子。
なのに、自分の最新発明品「フリーズ・レイ」を紹介するとなったら、
唐突にラブバラード・プロモーションビデオ風に。

ドクターはランドリーで会う女の子に恋心を抱いていているものの、
うまくお話できないのです。それで、
♪このフリーズ・レイで君と一緒にいるこの時間を止めることができたらいいのに♪
と歌います。悪事を働くための発明品じゃないのか!っていう。

勿論ヒーローモノ(?)であるため、ヒーローも登場します。
登場するなり歌い始め自分が如何に正義かを歌い上げる
「キャプテン・ハンマー」
↑モロにアメリカ人的なヒト。Tシャツにハンマーの絵がついてる。
というか、全然ホリブルはハンマーの宿敵でも何でもなくて
むしろ、ジャイアン(ハンマー)からいじめられているノビタ(ホリブル)
の構図なんですね。ホントに「ホリブルもうちっと頑張れ!」
って応援したくなる悪役です。

と、内容はともかく(イヤ、私は大好きですよ)
ミュージカル仕立ての歌もバラエティに富んでいて面白いです。

全3話で、最後は大どんでん返しが…!!

公式サイトで、ipodにもダウンロードできる様ですが、
どうもニポンアカウントでは無理なようです。(私は無理でした)
しかし、ユーチューブで拾えます。
興味のある方は是非オススメです。
(前回も書きましたが、ティムバートン系に傾倒している方推奨デス)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ありゃ…??

2009.04.17 *Fri
今週の記事、全部「公開」じゃなくて「下書き保存」になっていました!!
すみません。ぼ~っとしておりました。

さて、ウィキッドのキャストが、
濱田さんエルファバ&沼尾グリンダ&李フィエロの
オリジナルになりましたね!!
北澤さんは、名古屋オペラ座の開幕会見にもご出席されていたので
オペラ座行きかな。
私にとって北澤さんは世界で一番かっこいいラウルです。

そして!千秋楽について!!
チケット…見事落選でした。
ウィキッドを世界で一番愛しているのは私なのに…。

きっと、私は例の九死に一生事件(プリンセス修行第23話参照)で
一生分の運を使い果たしたんだと思います…。
…ふっ(遠い目)

気を取り直して千秋楽イブに賭けます。
めげずに今週の日曜日のチケット予約に参戦してやる。
こっちにしてみれば、夜中の2時に開戦ですけどね。
ウィキッドのためなら起きててやらぁ!

そして明日はこちらにきて3回目ウィキッドです♪
明日は海外ウィキッド初の2階席での鑑賞ですヨ。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

エンゲル係数の行方 第5回

2009.04.16 *Thu
さて、しばらくご無沙汰しておりました、庶民生活。

何せ姫様の生活は常にらぐじゅありーなので、
中々庶民の文化を発見するのが難しいのです。

決して、写真を撮るのをすっかり忘れていたわけではありません。

イギリスといえば、アフタヌーンティが有名ですが、
クロテッド・クリームをご存知でしょうか。
スコーンにジャムと一緒につけていただく
バターに近い濃ゆ~いクリームです。
姫様は大好物!!
でも、賞味期限が1週間くらいなので、
日本で手に入れるのは中々難しいモノでございます。
多分あっても結構高い。

しかしイギリスでは…
スーパーマーケット探訪の達人の姫様は見つけましたよ!
大変りーずなぶるなクロテッドクリームを!!

001_convert_20090417224825.jpg

227gで、お値段たったの1.67ポンド。
味も、フォートナム&メイソンでいただいたモノと
大差ありません(注:個人の感想です)
賞味期限も1週間ありますので、
是非お土産にどうぞ!!
CATEGORY : 庶民生活
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第37話

2009.04.15 *Wed
ルパンが使う授業の教材が、いつもいちいち姫様の
ハートを鷲掴むのです。

最初に姫様がドキュンだったのは
「Dr. Horrible’s Sing-A-Long Blog」という作品。
(詳細はそのうち鑑賞カテゴリに入れてご紹介します。)

主役の悪役がヒーローにコテンパンにされるB級色の濃い作品です。
それだけにとどまらず、なぜかミュージカル仕立てになっています。
歌うなんて思ってもいないで観ていたので、
びっくり&大爆笑でした。(クラスで姫様だけ)
本当に下らない作品なので(褒めています)
ティムバートン・鷹の爪団等がお好きな方のみにおススメします。

実際、授業後に同じクラスの饂飩藩の姫様は、
「何が面白いんかわからんかった」
と、憮然と言い放っておりました。

ある程度無難で万人受けするドラマ「フレンズ」や「シンプソンズ」は
ディクテーション用に色々な先生が使うのですが、
ルパンは、絶対自分のオリジナルを使います。

最初に歌だけ聞かせて、どんなプロモーションビデオか
話し合わせた時に使った映像も凄かったです。
歌だけ聴いたら普通のラブバラードなのに、映像は
不気味可愛い着ぐるみが、夜道を黙々と歩いていたり。

BBC制作の「HUSTLE」という詐欺師チームが主役のドラマも面白かったです。
授業の後、調べてみたら、これはニポンでも
「華麗なるペテン師たち」という邦題で放映しています。
(帰ったら字幕か吹き替えで見てみよ~っと)

ということで、ホームズの独裁国家レッスンは大変きついですが、
ルパンのレッスンは難しいけどかなり面白い情報収集ができます。
どちらも姫様にとってわからないのは変わらないんですけどね。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第36話

2009.04.14 *Tue
現在の副担任、ルパンについて。

姫様はこの人大好きです。

ホームズ以上に早口で、全くもって何言ってるかわかりませんが。
でも人間が出来てる。うん。それに限る。

一挙一動がいちいちアニメチックで面白い。
そして、とってもイギリス人ぽいおしゃれさんです。
…と書きたかったのですが、
バッグ汚い(※)し、よく服破れてる・・・。

第一印象はおされさんだったんですけど、
今現在の姫様の印象がけっこう崩れています…。
そして結構体臭がモロ西欧人で…

あ、涙が出てきそうなのでちょっと次回に続きます。

(※)こちらの「汚い」のレベルはニポン人のそれとは大きく違います。
   何ですかね、ゴミバコ行き???って表現しても過言ではないカンジ。
   服ちっとくらい破けてても気にしないし。(ルーピンセンセもそうだった)
   「大事に使ってる」とは違うんですよね・・・。
   大事に使うなら、繕ったり、洗ったりすると思うので。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第35話

2009.04.13 *Mon
4月12日はイースターでした。
こちらでは、クリスマスより、
イースターの方が重要視されるとかしないとか(どっちやねん)

ちなみにイースター日曜日の前の金曜日をGood Friday グッドフライデー、
イースター日曜日の翌日をEaster Monday イースターマンデーと呼び、
Bank Holiday(国民の休日)で学校も会社もお休みです。
ビバ4連休☆

ということで、先週の午後の授業でペネロピ先生がこんなモノを
持ってきて下さいましたよ♪

じゃ~ん。
002_convert_20090417215207.jpg

写真、わかるでしょうか。
パンの中央に十字が入っています。
これは、ホットクロスバン(Hot Cross Buns)と言います。
キリストがはりつけにされたのが13日の金曜日。
この日が前述のGood Friday(キリスト受難の日)といいます。
なんで受難の日なのに「GOOD」なのか、よくわかりません。

イギリスでは、その金曜日の朝食に、
このホットクロスバンを食べる習慣があるそうです。

味は…味は…味は…イギリスですから…。

パサパサのパンに、レーズンやレモンピール、
おそらくアールグレイが練りこんであり(姫様苦手モノ勢揃い)、
ホントにキリストさまも受難だったろうな、ってコトを
体現している味&香りでした。

注)感想は個人的な意見であり、英国の食文化を誹謗中傷する意図はありません。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

17 AGAIN(映画鑑賞)

2009.04.12 *Sun
ハイスクール・ミュージカルでお馴染みの
ザック・エフロン主演の「17 AGAIN」を観てきました。

単にザック・エフロン目当てで見に行ったのですが、
意外にも(失礼)面白かったです!

内容は、離婚寸前、仕事もイマイチなダメ中年のオジサンが、
ひょんなことから17歳の自分に戻り、ハイスクールライフを始める、
というアリガチなストーリー。
テンポもよく、キャラクターも個性的で、ザックがかっこよく(重要)て、
「アイドル俳優のネームバリューだけで集客狙っちゃおう★」な
映画ではありませんでした。(昨日観た映画のことを言ってるんです)

主人公に舎弟の様に使われる主人公の息子(この子どっかで見たことある…)も、
重度のオタクでなにしてるかわからないけど異様にお金持ちの主人公の友人も
それぞれハッピーエンドでよがったよがった。

マニアな主人公の友人のお陰で、スターウォーズや、ロードオブザリングの
パロディも有り。
エンディングロールは、スタッフの17歳当時の写真も登場するので必見。

ハリーポッターの予告編も大画面で見られて大満足です。

日本では、5月16日に公開されるようです。
劇場まで足を運ばずとも、DVDになったらオススメしたい作品です♪
ただ、年齢指定(小学生が以下は保護者同伴)ついていたので、
台詞がもしかしたらお下品かもしれません。
(↑映画観た人が何故推量のコメントなのかという疑問にはお答えできません)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

Dragonball :Evolution

2009.04.11 *Sat
日本より遅れての公開、「ドラゴンボール」を観てきました。

英語は、前回鑑賞のヤングビクトリアより、
ずっと聞き取れた(聞き取るような映画じゃない)デス。
でも、アメリカ語は聞き取りにくいです。イギリス語以上に。

そして、英語の中に日本語入れるの、イラっとするんですよね。
ホームズのクラスになってから特に(笑)
ホームズも授業中に日本語よく踏まえてくださるんですよ。
英語のセンテンスの中に混ぜて言うから逆に聞き取れないっつーの。
ウザイ、なんてこれっぽっちも思っていませんけどね。ええ、ぜぇんぜん。
日本人の英語の発音に問題があるように、
欧米人の日本語のぷろなんしえーしょんもおかしいンだよ!(吠)

スミマセン、映画の話に戻ります。
最初「大猿」を「おサル」って言っていると思い、
「気」もずっと「KEY」って言っていると思っていた…。

そして気の抜ける浜崎あゆみのエンディング。
なんか、もう…うわぁ…ってカンジ。
せっかくエミーロッサムが出てるんだからエミーに歌わせろ!!って
暴れたかったです。

そのエミーロッサムにも唖然、というか、女優さん魂なのか。
ファントムに怯え、ラウルを信じていたクリスティーヌはどこにいったの!?
ラウル(しつこい)となんかあったんか??って
思ってしまうくらいのアメリカンギャルギャルしてて、
ラウルとは正反対のみみっちいチンピラとくっついちゃうし、
…ちょっと涙が出そうになりました。(うん、大丈夫、頑張れ私)
多分ファントムも草葉の陰から涙していると思います…。

でも、怪我の功名というか、
本当におバカな話で申し訳ないんですけど、
この小娘エミーを見て、ウィキッドが映画化した際は、
エミーロッサム・グリンダでいけるな(ぐっ)ってニンマリしました。

全然ドラゴンボールの話題じゃなくてすみません。
ドラゴンボールは、スターウォーズとロードオブザリングのCGを
足して2で割った中に、アメリカ人が大好きそうな
東洋の(間違った)神秘を織り交ぜた、
イギリス人は、(というかホームズなら)鼻で一蹴しそうな映画でした♪
ナマステ~。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第34話

2009.04.10 *Fri
緊急のお知らせです。

なんと、初代ネタの宝庫☆フィルチが消えました。
ホントに文字通りでぃさぴあーです。

4月の第一週は、ホリデーと聞いていたのですが、
次週の木曜日、部屋に一枚の紙がペラっとありけり。
「宮殿の管理人が新しくなりました☆」と。

フィルチが担当していたクラスも根こそぎ教員が変わっていて
なんか…消された…?
なんてふと頭を過ってしまうくらい唐突。
生徒の間でも「解雇」伝説がちらほら。もちろんプルプルお手てが原因で。
レセプションにハチに聞いても結局「退職した」以上の話は聞けなかった…。

兎に角!この場を借りて、ありがとうフィルチ。
色々とお世話になっ…った記憶は今のところ微塵も
思い出せないけど、きっと見えないところで
お世話になっているだろうかと思われなくもないので。

これからは次世代ネタの宝庫ホームズを糧に
このブログを更新していく所存です。

ばいば~い♪
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第33話

2009.04.09 *Thu
担任のホームズは、自他共に認める「昔ながらの英国人」。
好意的な表現をすれば前述のとおりですが、
平たく言ってしまえば、面白いくらい偏屈です。
「ホームズ」って仮名、どの先生の仮名よりも言い当ててます。(自画自賛)

最初はその偏屈ぶりに病んでしまいそうになってしまった
姫様ですが、今では、実在する面白キャラとして、
彼のことを生温かい眼で見守っています☆(←ヤケ)

彼を語る上の前提として、姫様たちクラスメイトは、
「ホームズの授業」を進めるための「手駒」です。

今回のクラスグレードアップがいい例で、
彼は、クラスが持ち上がる前に
「レベルが追い付いていない人間は、クラス変えるから」
と、言っていました。
しかし、クラスが変わったのは、「彼が快く思っていない生徒」のみ…。

明らかについていけてない姫様は、わかっていなくても、
彼の授業ペースを乱さない日本人だからステイです。

そう、「レベルが追い付いていない人間」とは
「彼の意にそぐわない人間」のこと。

むしろ害のない姫様をクラスから出して、
代わりに変なのが入ってくると困ると思っている
ホームズの打算が姫様には痛いほどよくわかる…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第32話

2009.04.08 *Wed
と、クラス変更のご報告をしようとしたら、
先週、このクラスが持ち上がりました…。

あのですね、姫様は、持ちあがる前のクラスでさえ、
じぇんじぇんついて行っていないのですヨ。
なのに、クラス持ちあがっちゃうってどういうことでしょうね、欧州施設さん。
もうぱは~~ってしてるしかないですよ…。
もうわけわかんないです。
姫様的に二階級特進なカンジです(意味不明)

まあ、担任のホームズと副担任のルパンについては、
色々楽しい(?)エピソードがあるので良いのですが…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第31話

2009.04.07 *Tue
とりあえず新学期になったので、クラス変更のご報告…。
実は、姫様は2月の最終週にクラスが上がっていました(1ヶ月以上前だよ…)

わかりやすくて大好きなルーピン先生のクラスから卒業です。
副担任のアル中との別れは何の感慨もありませんが。
(この前も手紙まとめて4通も持ってきやがって…ブツブツ。)

さて、もう~新しいクラスの担任も副担任もキャラクター濃ゆ濃ゆですよ!

担任。ホームズ。(仮名男性)
我ながらいい名前付けたなぁ。
ものすごい骨の髄までブリティッシュです。
彼の偉人伝は色々ありすぎて…。

副担任。ルパン。(仮名男性)
見かけがルパンぽくて、動きがアニメっぽい。

↑登場人物紹介に追加しておきます。

二人とも、ありえないくらい早口。
今や笑い話ですが、姫様は、クラス代わって4日で
荷物をまとめて郷里に帰ろうとしていたくらいでした。

ヒメサマはレベルが1あがった!!
ってカンジじゃないですよ。
違う世界に飛ばされたカンジです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/03/28 ウィキッド マチネ(2)

2009.04.06 *Mon
観劇記続き。

気がついたこと。

○台詞が韻(?)を踏んでいて面白かった。
 フィエロが捕らえられたエルファバを助けに来るシーン。
 「そこのreen irl(エルファバ)をo(放せ)、さもないと、
  linda ood irl(良い魔女)がone(死ぬ)だぞ」
 て言ってました。(ルー語的表現で申し訳ない)
 きっと聞き取れるようになると、こういう表現てそこかしこにあるんでしょうね。
 
○ディラモンド先生と、エルファバのパパが同じ人だった。
 エルファバのパパ、ってマンチキンの総督の方です。
 コレ、最初見るヒト混乱しませんか???
 エルファバはお父さんヤギに変えちゃったの、って。(私だけ?)

○やっぱり特別なアイテムなんです。
 これは元から知ってはいました。
 オズ陛下御愛飲の緑の小瓶のお酒は「エリクサー」と呼ばれています。
 エリクサーといえば、HPとMPが全回復するあのアイテムですよね。
 ムフフ。四季版でもエリクサーって言えばいいのに。

なんだか今回の観劇は、前回より台詞が聞き取れたような気がします。
う~ん、馴れたからなのか、リスニングの力が上がったのか…。
もしくは気のせいか…。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/03/28 ウィキッド マチネ(1)

2009.04.05 *Sun
前回の観劇が1月17日。
そりゃ禁断症状も出ますヨ。

グリンダ Sarah Earnshaw
エルファバ Kerry Ellis
フィエロ Oliver Tompsett
オズの魔法使い Desmond Barrit
マダム・モリブル Harriet Thorpe
ネッサローズ Caroline Keiff
ボック Jeremy Legat
ディラモンド教授 Andy Mace

ロンドン アポロ・ビクトリア劇場にて観劇
♪STALLS(1階席) 前から8番目センターブロック(サイコー!)♪

まずキャストから。

グリンダ
前回の鑑賞から変わっていました。
わ~華が無い…。
Diannieグリンダがすごくキュートで気に入ったので、
変わっていて残念。声の出ない加減は同じくらい。(頑張ってくれ)
Sarahグリンダ、学生時代は良いのですが、
人間的に成長せずに終幕を迎えてしまった感が否めません。

エルファバ
相変わらず喜怒哀楽の喜楽が抜けているKerryエルフィです。
私のベースエルフィが樋口さんだからかな。
しかし、WIZARD AND I、NO GOOD DEEDは声が伸びててすごくキレイ!
うわ~すげ~~~~!!って言ってしまいました。

フィエロ
英国貴族のOliverフィエロ。相変わらずの紳士っプリで人力車登場。
エルフィの魔力に動揺してください。
案山子になったらクタクタしてください。
「グリンダ…すまない…」のところ、謝っているようには思えません。
でも、ちょっと好きになってきました(笑)
あ、四季版と一緒で、最初のNO ONE MOURNS THE WICKEDで
アンサンブルさんの中に発見。(我ながらマニアになってきたな…)

ボック
前回ボックが代役さんだったのですが、今回はちゃんと見られました♪
四季版を含めボックって嫌なチビスケとしか思えなかったのですが
初めてボックを微笑ましく見られた!!!
なんだかネッサのこともちゃんと考えて接してくれるボックで、
とても好感がもてました!
というか、今回はグリンダより、ネッサの方がずっと謙虚且つかわいいんですけど、
何でボックはグリンダが好きなのか…(そういうお話だから)

ネッサローズ
このCarolineネッサ、本当に可愛いんですよねぇ…。
グリンダに人生ぶち壊されて可哀想すぎる。って今回は本気で思いました。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/03/28 ロンドンへお出かけ

2009.04.04 *Sat
3月28日(土)にロンドンにお出かけしてきました。
今回は特に目的も無く…というより、
ウィキッドを観に上京したのでさらっと。

いつものお約束となってきました。
とりあえず、テンプル駅のトワイニング本店と
ピカデリーサーカスのジャパセンと
王室御用達のチョコレート屋さん「プレスタッド」へ。

以上。
あとは観劇記にて。

…。
…。
あ、一つ妙チクリンな事が起きていましタ。
緑のヘルメットかぶった団体が大規模なデモ。
道路も封鎖されていて邪魔くさかったオオゴトでした。
でも、こーんなデコレーションもあって、
079_convert_20090331050248.jpg

作ってるとき結構楽しかっただろうな、と思ったり…。
(茶化してすみません、デモには明確な意思が存在するものです)

イラクとかアフガンとか垂れ幕に書いてあったから戦争反対系かと思いましたが、
正確にはコチラ↓です。(3月29日20時41分配信 毎日新聞より)

欧州各地でG20抗議デモ ロンドンでは3万5千人
ロンドンで4月2日に開かれるG20金融サミットを前に、欧州各地で28日、抗議デモが繰り広げられた。
ロンドン中心部では労働組合や市民・環境団体など約150組織、計3万5000人(警察発表)が参加、
サミット参加国の首脳に「市民の利益を最優先すべきだ」と訴えた。
警察当局は厳重な警戒態勢を敷いている。
英BBC放送によると、ロンドンのデモでは貧困や失業などの解決を求めるポスターが並び、
「資本主義は役に立たない」と書かれた横断幕も登場した。
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

キャスト変更

2009.04.03 *Fri
またエルファバ役が今井さんから樋口さんに戻りましたね。
樋口エルファバ大好き!!
今井さんはまたも短かったですね。2日間??
難しいのかなあ。難しいんだろうな。

去年9月に一度だけ今井エルファバを見ましたが、
やっぱり何かが違うんですよね。
上手だし、及第点以上だと思うのです。

どうしても濱田めぐみさん、樋口麻美さんという大御所と
比べたら「…。」なんですよ。

観ていてすごく緊張してしまう。
多分、ご本人が頑張っている(という安易な言葉で表現するのが申し訳ない)
ことが、伝わってきちゃうんですよね。
ウィキッド、ハードル上げすぎちゃったのかな。

どちらにしろ、樋口エルファバ観たいなあ~。濱田さんより樋口さん派です。
苫田グリンダもご無沙汰だし。
美しおっかなそうな八重沢モリブルも観てみたい…。はふ~…。

これは蛇のあんよなのですが、
今井さん、グリンダの友達役(アンサンブル)のトキって、
演出以上にエルファバに意地悪なので、苦手です。
おまえがエルファバだったら応援しねえ!!って思っちゃう。
でも、ロンドン版もでっかくておっかない意地悪な人だから
そういう役回りなんでしょうかネ。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第30話

2009.04.02 *Thu
皆様、エイプリルフールは如何お過ごしでしたでしょうか??
ニポンでも、エヴァンゲリオン実写ドラマ化とか、
009シリーズの最新作の主役がバカボンのパパとか
他愛もないどっきりがネットに掲載されていましたね。

4月1日のケンブリッジ。
朝教室に入ってきた先生(担任がホリデーなので代理の先生です)
「今朝BBCラジオニュースを聞いた人はいるか??」
 BBCラジオニュースは、リスニングにとても良いから聴くといいよ。
 今日のニュースを録音してきたから、聞き取ってみよう」

と、カセット(の時点で気付くべきでした…)をかけた先生。

内容は、イギリス政府が、4月5、12、13日の3日間、公共交通機関を
全て停止する、というもの。

ちょっとリアルじゃないですか??
休みの日、ロンドンの地下鉄止まるの当たり前の国だし。

姫様は、見事にだまくらかされました。
というかクラス全員ひっかかりました。
「4月5日は家族が遊びにくるのにどうしたらいいんだ!!」
と困るクラスメイトも。
おじいちゃん先生、会心の笑顔笑顔だったなあ…。

ということで。
姫様も、イギリス式を見習って
早速ニポンへ下記のようなメールを送信しましたヨ♪

突然ですが、サウジアラビアの男性と結婚することになりました。
彼はサルタン(王様)の従兄弟で3歳年上です。
第二夫人だし、宗教的にも難しい問題がありますが、
頑張りたいと思います。


見事に引っ掛かってくれたニポンのオトモダチ、ありがとうございます。
特に、一番ひっかかってくれた上に
菜の花藩本丸にお住まいの姫様の母上まで通報してくださった
ジュリー大好き沢研共和国元首である叔母君
ありがとうございました。
COMMENT (1)  TRACKBACK (0) 

新学期

2009.04.01 *Wed
002_convert_20090331043432.jpg

日本ほど見事ではありませんが、ケンブリッジでも
桜が咲いています。
ニポン人たる私は、やはり桜を見ると
血沸き肉踊る

日本では、年度始めですね。
環境が大きく変わったヒトもたくさんだと思います。

疲れることが何かと多い季節ですが、
無理をしないでくださいね。

異国の地から、ニポンの皆様のご活躍を祈っています。
CATEGORY : 雑記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。