This Archive : 2009年08月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/23 ヨーク日帰り(4)

2009.08.31 *Mon
おなかもいっぱいになったことだし。
さぁて観光に出かけるか!!

…と思ったけど、中心街=お店たくさんの誘惑が。

しかも日本人の女の子と一緒だったので、
もう思考はそっちに向いちゃったんですよね…。
だってキャスキッドソンのでっかいお店とか
色々あったんだよ!!


街には藤色のおっちゃん(オニイサンかもしれない)がいました。
018_convert_20090825024154.jpg

(続く。)
スポンサーサイト
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/23 ヨーク 日帰り(3)

2009.08.30 *Sun
ウォーキングツアーが解散して、まず向かったのは
勿論ランチ☆ハント。

ひもじさ120%で、中心街のマーケット近くのパブに入りました。
頼んだのはコレ。
016_convert_20090825014459.jpg
ローストビーフと、ヨークシャープディング、温野菜添え。9£
(=約1500円、飲み物は別料金デス)

ヨークシャープディング(皿の上、左の円形の物体)というのは、
いわゆるデザート的な「プディング」ではなく、
シュー皮のような粉料理(地球の歩き方)です。
このようにローストビーフに添えてあったり、
シチューの器になったりします。
シュー皮というより、パンの耳みたいな味と食感でした。
決してまずくは無いけど、存在の意味がわからない…。

なにはともあれ、また一つイギリスの伝統料理を制覇したので
満足です。(美味しかったですよ)

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/23 ヨーク日帰り(2)

2009.08.29 *Sat
街歩きでは、こんなものを発見しました。

ヨーク・ミンスター大聖堂の脇にあったイエティの足跡。
011_convert_20090825021714.jpg
イエティが居るんですかね??会わなかったけど。
ヨークは歴史が古いので怪談や恐怖談がたくさんあるそうです。
ゴーストツアーや、お化け屋敷もたくさんあります。
時間があったら行きたかった!!

マーチャント・アドベンチャラーズ・ホールのグレート・ホール
013_convert_20090825021826.jpg
多分です。多分。
すんません、全然説明聞いてなくてなんだったかも
わかりませんです。
後からガイドブックを見たら、コレかな~、と。(アハッ☆)
14世紀に建てられたギルドホールです。
多分です。多分。

シャンブルズ
014_convert_20090825021935.jpg
お店・お土産通りですね。
石畳で、上の階の方が前に突き出ている変わった街並みです。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/23 ヨーク 日帰り(1)

2009.08.28 *Fri
学校のソーシャルプログラムで、
イングランド北部のヨークに行ってきました。

ロンドンから電車で約2時間のヨークですが、
今回はケンブリッジからバスで片道3~4時間
ほぼ移動ですな。(バスも狭くて疲れた!!)

到着後、すぐにウォーキングツアーに参加。
ガイドさんが1時間ちょっと徒歩にて見ドコロを紹介してくれます。
モチロン日本のツアーの様に「聴(ちょう)さん」(←イヤホンガイド)はありません。
ガイドさん話長いし(エーゴだし)、人数も結構たくさん、
かなり説明を聞くのが困難を極めたので聴くのはあきらめました。
15分くらいで。(即決です。)

さてさて、ヨークは城壁に囲まれた町で、
観光名所的なモノはほとんど城壁内にあります。
007_convert_20090825011413.jpg
奥にあるのが、イギリス最大のゴシック聖堂、ヨークミンスター
工事中なのがちっと残念。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第72話

2009.08.27 *Thu
姫様のクラスに新しいオモシロクラスメイトが来ました。
2週間しかいないのが寂しいのですが、
バスクから来た王子です。

彼の初日、席が隣だったので、課題を一緒に進めていたのですが。

バスク王子「Where are you from?」
姫様「I'm from Japan」
バスク王子「何だ、日本人だったんですか。」
すんごい流暢な日本語来た!!!

東京に数カ月、福岡に1年住んでいたそうで、
ゆくゆくは日本で大使館員になりたいそうです。
発音に全然外国人特有の訛りが無いんですよ!
福岡に3年住んでいたホームズより、
ずっと綺麗な発音なんです。

こっちが英語で話しかけても日本語で返される異常現象。
授業中英語で会話してても、
「あ~なるほどね」「これは変だろぉ」とか
相槌がいちいち見事な日本語なんですよね(笑)
物凄い欧米顔なのに、ごっさ日本人の反応でかなり面白いです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第71話

2009.08.26 *Wed
ドナは金曜日に次の週に勉強したいことのアンケートを
とってくれます。

そんなこんなのフランス・ド・エロ王子。

彼の最終週の金曜日、
ドナのアンケートに、イタリアの女の子が、
「NO MORE ●●●(←彼の名前)」
と書いて提出していました。

イタリアの女の子、私にも
「姫も書いといた方がいいよ!」
って提案してくれたので姫様も
「NO MORE ●●● FOR EVER」
(↑とりあえず一緒だと能がないかな、と思い付け足してみた。)
と書いて提出しました。

それを見たドナも一言。
「私も本当にそう願うわ」
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第70話

2009.08.25 *Tue
既に帰ってしまったのですが、
クラスにちょっと変わったフランスの男の子(17歳!)が居たとです。
かなり可愛い顔した子なんですが、
現代っ子の典型みたいな子で、遅刻は普通、授業中の課題は全然やらないで、
勝手に発言してペラペラしゃべってるカンジ。
(課題やらないクセに、指されるとちゃんと答えられるところがむかつく!!)

そしてフランスの申し子のような子で、クラスの女の子、
全員に分け隔てなく口説くんですよね、本当に!(笑)
もう、頭の中ピンク色なんだろうな、って感じで。
日本人には絶対いないタイプです。

どうもその子と隣り合う機会が多く、かといってあまり強く出られず
(何せ口はあっちが数十倍達者!)
「ホントにこれセクハラだからや~め~ろ~や~」
くらいしか言えなかったのですが。
イタリアの女のコなんてピッシャっと叩いてました(強い…)

見かねた担任のドナが、
「貴様、これ以上やったら教室からしばき出すぞ」って言ってくれました(笑)

ドナ、休み時間が終わっても戻らない彼のことを
「誰とは言わないけど、アイツがいないと、このクラス穏やかだわ」
って毒を吐いていました。彼が戻ってきたら、本人に向かって
「授業より楽しいことがあるなら、そっちに居ていいのよ、永遠に。」って言ってました。すげ~。
「あなたの授業を受ける喜びを奪わないで」
って即座に返した彼もすげ~。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

キャストチェック

2009.08.24 *Mon
日本帰国まで1週間をきったので、
四季のウィキッドキャストが気になるところです。

世界一のグリンダ、沼尾さんが戻られましたね。
十中八九このまま千秋楽でしょう!(頼むぜ!)

フィエロ役のオリジナルキャストの李さんが、先週戻ってたけど、
今週からはまた北澤さんです。
久しぶりにスーパーダンサー李フィエロも見たいけど、
やっぱり安定北澤フィエロになるのかな。
エルファバ役は江畑さんのままでしょうか。
夢から醒めた夢終わったから、最後の東京公演(涙)は
樋口さんの笑顔エルファバが見たいなあ…。

木村花代さんのグリンダも…物凄くみたいんだよなぁ。
樋口エルファバ・木村グリンダのコンビは大阪に持ち越しですかね。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第69話

2009.08.23 *Sun
欧州施設では、
月曜から金曜の午前中が必修(1~4限)で構成されています。

月から木1・2限を担任、3・4限を副担任が担当しますが、
金曜日は終日担任が担当します。
なので、金曜日の後半はゲームや遊び的な要素が多いです。

担任がドナに代わった最初の金曜日は、
クラス全員で
近くの公園に出かけました。
若者たちはサンサンと降り注ぐ太陽の下、
サッカーやキャッチボールで楽しんでいましたよ~。
006_convert_20090822193351.jpg

運動したらすぐ捻挫する天才的な資質を持った姫様は
日蔭のベンチでドナとまったりしていました。
普段教室に座っているばかりなので気持ちよかった~。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第68話

2009.08.22 *Sat
姫様の担任が変わりました。

結局メリル(仮名)が姫様の担任だったのは1週間ですた(アウチ)
メリルが夏休みになって、代わりに来た先生が
そのまま担任になっていたカンジです。

新しい担任の先生は、ドナ(仮名)!
実は、姫様がホームズクラスから避難したあと
1か月だけ入ったクラスの副担任だったヒトです。

ママさん先生で、かなり面白い人です。
笑いの取り方がブラックで、
結構はっきりものを言うけど傷つけるわけではないカンジ。

タイプは全然違うけど、
ペネロピ先生と同じくらい姫様は合う先生なので
ものすっごい楽しい。

副担任はルーピンだし、
今の担任・副担任最高なんですよね…。
欧州施設は先生がすぐに変わるので、
変わらないでほしいです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

エンゲル係数の行方 第7回

2009.08.21 *Fri
約3カ月ぶりのエンゲル係数の行方です。
普段高級食材しか食してないからぁ~。

こちらも少し暑くなってきました。
夏といえばビール!!
イギリスはパブの国なので、
ビールの種類も豊富です。

パブでは銘柄を言わないと、
「ビールください」ではオーダーが成立しません。
ビールが苦手な私は、こちらに来てから一滴も飲んでいませんが。

でもイギリスにはビール苦手な人でも大丈夫な
飲み物があります。
私はパブに行ったらいつもこれ!
013_convert_20090822185007.jpg
サイダーというリンゴの炭酸酒です。
この「ストロングボウ」という銘柄が一番メジャーかな。
アルコール度数は5%前後。
ビールのように苦くもなく、
カクテルのように甘ったるくもなく、大変飲みやすいです。
CATEGORY : 庶民生活
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/19 We will Rock you ソワレ

2009.08.20 *Thu
Pop Garry Lake
Khashoggi Alex Bourne
Galileo Ricardo Afonso
Scaramouche Sabrina Aloueche
Killer Queen Mazz Murray
Brit Ian Carlyle
Meat Rachel Tucker

ロンドン ドミニオン劇場にて観劇。
♪ドレスサークル(3階席) 真ん中ブロック♪

学校のソーシャルプログラムで行ってきました。

内容は、タイトルの通りクイーン版のマンマミアのようなものです。
全編クイーンの歌で構成されたミュージカルです。
音楽が規制された未来の物語。

えっと…。
クイーンのファンの人にはいいかもしれません。
ライブの間にコントが挟まってる感じのミュージカルです。
すんません、全然おもろくなかったです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/15 オペラ座の怪人 マチネ(2)

2009.08.19 *Wed
オペラ座の怪人を観た、私以外のニポン人の感想を。

なんかすげーびっくりした。
仕掛け凄くないっすか?!
鏡から(ファントム)が出てきて超びびった。


クリスティーヌの役のヒトすっごい可愛い!!
歌も迫力あるし、かっこいいし!
でも、あのヒト(ラウルの外見)はナイと思う…。


ファントムっておっちゃんなんスね…。

隣に座ってた外人(君も外国人なんだよ)が、
盛り上がりすぎてて怖かった…。


といったカンジでした。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/15 オペラ座の怪人 マチネ(1)

2009.08.18 *Tue
オペラ座の怪人 RAMIN KARIMLOO
クリスティーヌ・ダーエ GINA BECK
ラウル・シャニュイ子爵 SIMON BAILEY
カルロッタ・ジュディチェルリ KATE RADMILOVIC
メグ・ジリー TORI JOHNS
マダム・ジリー HEATHER JACKSON
ムッシュー・アンドレ GARETH SNOOK
ムッシュー・フィルマン BARRY JAMES
ウバルド・ピアンジ ROHAN TICKELL

ロンドン ハーマジェスティ劇場にて観劇。
♪ストールズ(1階席) 真ん中ブロック♪

今回の観賞は、ニポン人の皆さん5人(私含)での
観賞だったのですが、なんと私以外全員
ミュージカル初体験!!
…まあ学生さんだし、それが普通ですよね。
映画のオペラ座の怪人を観た子も一人だけで、
楽しめるか心配しましたが、(キャスト多いしわかりにくいよね??)
とっても楽しんでいただけたようです♪

個人的な一番重要ファクター「ラウルキャスト」は、
豚の背油君な「彼」(代役じゃないメインの方)でした。
うううう…

怪人・クリステーヌ・ラウルの主役3人は
相変わらず素晴らしい出来。
特にクリスティーヌがのってた気がします。
可愛らしい方で、歌もものすっごい綺麗!!
ラウルの彼もねぇ、歌と声と演技最高なんですよ。

(続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/15 ロンドン一日観光(後編)

2009.08.17 *Mon
そして、午後は予想外の展開に。
来週に帰る子が一人、
「せっかくだから本場のミュージカルを観たい」
と言い出したんです。それもオペラ座を。(唯一映画を見たらしい)

学生さんたちだから、ミュージカル鑑賞なんて
頭になかったので、私には
キャッホウ!!な展開

意外にも(?)全員「見たいみたい!!」とノリノリ。
午後イチはチケット入手のためピカデリーサーカスへ。
「え、でもみんな半日つぶれちゃうし、チケット高いのにいいの??」
と、私が一番及び腰でした…。

8月でしかも当日なのでチケットが取れるか心配しましたが、
幸い5人分(席は離れましたが)入手できました。

しかも「どうせ見るなら良い席で観たい」と
学生のくせに(笑)言い出したので、
まんまとストールズ(1階席)でした♪
観劇感想は改めてアップします。

ミュージカル鑑賞後は、コヴェントガーデンへ。
大道芸を観たり、ウィンドウショッピングをしたり。

夕飯は、ピカデリーサーカスに戻って
ステーキハウスでいただきました。
(この辺りは学生さんなチョイスですな)

若者たちよ、混ぜてくれてアリガト~。

(終わり。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/15 ロンドン一日観光(前編)

2009.08.16 *Sun
丁度夏休みシーズンの今、
欧州施設にもたくさんの学生さんがいらっしゃいます。

私のクラスにも、4人も日本人が。
私以外全員学生さんで、若さバフハツです。

そんな学生さんたち4人に誘っていただいて、
ロンドンに遊びに行ってきました。
気分は、学生さんの引率職員な懐かしいカンジ…。

まずはデパートのハロッズ
流石に誰も何も買わなかったです。
その後、ハロッズ102(ハロッズが運営しているコンビニ)でそれぞれ
サンドイッチやベーグルを買い、公園でランチ

そして午後は予想外の展開に…

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第67話

2009.08.15 *Sat
学校のプログラムで、ケンブリッジ名物パンティングにいってきました。

先日母上が訪英されたときに、
運転手(?)付きで体験したものとは違い、
自分たちでボートを漕ぐパターンです。

めがっさ怖かった…
パントからの景観を楽しむドコロじゃなかったヨ。

前回載った時より小さい船だし
なんせ「自分たちで漕ぐ」っていうのが不信120%なんですヨ。
幸い漕ぎたい子が人数分居たので
私は漕がずに済んだのですが。

私たちのパントを漕いでくれた男の子(生徒)が、
わざとボートを揺らしたりするですよ…。
挙句の果て、パントを動かすポールを、
川にとられやがりました…。(ヴァカめ!!)
014_convert_20090817013258.jpg
↑川に刺さった、私たちのポール。
パントが流されてしまい、こんなナイスなアングルで
写真を撮れました★(←ヤケ)この後ポールは回収できました。

1時間弱、膝を抱えて微動だに出来なかった私…。
おかげで翌日腰とお尻がズキズキでした(涙)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/08/03 マンマ・ミーア ソワレ

2009.08.14 *Fri
ロンドン プリンス・ウェールズ劇場にて観劇。
♪サークル(2階席) 中央ブロック♪

倫敦に遊びにいらっさった母上と観賞♪

すんません、キャストチェック忘れました…。
ターニャ以外は全員違っていたと思います。

やっぱり面白かったです☆
でもキャストは前の方がよかったかなぁ…。

今回のちょっとしたハプニング。
マンマミアは、舞台が終了した後の
カーテンコールなのですが、
というかカーテンコールが目玉の様なものなのですが、
トラブルがあったようで中々幕があきませんでした。

結果的には問題なくカーテンコールが
再開されたのですが、ちょっと萎えた…。

でも、会場全員で大合唱でした!
やっぱり日本語でも楽しんでみたいよなぁ…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人(1)

2009.08.13 *Thu
7月11日に発売したドラクエを、ようやくプレイし始めました。

今までと大きく違うのが、
キャラクターを自分で作れるところ。
性別は勿論、髪型とか、表情とか、眼の色とか…。

主人公はブロンドガールにして「グリンダと名付けました♪
「光のドレス」と「黄金のティアラ」を
装備させてあげるんダ!!(あるよね??ドレスとティアラ)
と、崇高な目的を掲げてクエスト開始です。

物語は…う~ん…。
映画の様に話が進むFFに慣れすぎている所為か
…イマイチ物足りないカンジです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

キャストチェック

2009.08.12 *Wed
四季版ウィキッドのキャストチェックをサボっていたら、
木村花代さんがグリンダデビューしてるだないの!!

木村さんは拝見したことがないのですが、
プログラムにグリンダ役で掲載されてから
ちょっと気になっていたんです♪

私が大好きなエルファバ役樋口麻美さんの同期なんですよねぇ…。
木村グリンダと樋口エルファバコンビ、めちゃめちゃ見てみたい!

フィエロも北澤さんから李さんに、
オズ陛下も飯野さんから栗原さん。
エルファバ役も江畑さんで
大分雰囲気の変わったウィキッドになってそうですね。

新しいエルフィやグリンダも見たいけど、
(私的)ゴールデンコンビの沼尾さん・樋口さんも見たい!

つーか四季のウィキッド見たい~~!!!
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(9)

2009.08.11 *Tue
パブ&大英博物館

大英博物館に行く前に、
ミュージアム・タバーン(Museum Tavean)というパブに行きました。

せっかくのパブなので、サイダーに挑戦。
159_convert_20090809214335.jpg
サイダーとは、日本で言うサイダーではなく、リンゴの炭酸酒のこと。
ヨーロッパでは「シードル」と呼ばれる方が一般的です。
ビールのように苦くないので、とっても飲みやすいです。

食事は、チキンサラダと、ジャケットポテト。
ジャケットポテトも伝統料理(?)の一つで、
ベイクドポテトに具を乗せたもの。
今回はチーズをオーダーしました。

大英博物館。
あ…写真撮るの忘れた…。
ロゼッタ・ストーン、アメンホテプ3世の頭像、ラムセス2世の胸像、
ジンジャー(ミイラ)等々の有名ドコロをザザっと見てきました。
展示品の中には、ピンクのブタさんの貯金箱や、
日本の展示にはアトムのポスターやビックコミックが
ディスプレイされていました。

ということで、中々色々ゴチャゴチャと廻った
ロンドン周遊の旅でした。

(終了。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(8)

2009.08.10 *Mon
リージェンツパーク

ロンドン市内の公園です。
130_convert_20090809204053.jpg
ヘンリー8世の狩猟場を、
18世紀に建築家ジョン・ナッシュが整備しました。
ジョン・ナッシュはバッキンガム宮殿を改装したヒト。

手入れが行き届いていて本当に美しい公園でした。

リージェンツパークの中にある
クイーンズ・メアリーズ・ガーデン
138_convert_20090809204233.jpg
少し季節が過ぎてしまいましたが、
バラが咲き誇っていました。
144_convert_20090809204721.jpg 147_convert_20090809210123.jpg

ロンドン市内の一般の公園なので勿論無料。
時間とお金をかけてキューガーデンに行くよりも、
俄然こっちがオススメです。

(オマケ)ズラっとお休み中のハトポッポズ。
157_convert_20090809210348.jpg

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(7)

2009.08.09 *Sun
アフタヌーンティ@ブラウンズ・ホテル

ずっと行きたかったブランウンズ・ホテルのアフタヌーンティーです。
122_convert_20090808015106.jpg
ピアノの生演奏もあって、ごーぢゃす
ウェイターさんもとても丁寧で感じの良い方でした。
紅茶は一番人気のオリジナル・ブレンド・アフタヌーンティをお願いしました。

お皿が空になるとすぐにおかわりを持ってきてくれます。
お茶もカップが空になると、ウェイターさんが差し替えてくれます。

アフタヌーンティーは、トレイの3段目から食べるのが一般的。
…ですが、ほかほかのスコーンが美味しくて、
最初のおかわりはスコーンでした。
クロテッドクリームもたっぷりあったんだもん~。
サンドイッチも美味しかったです。
具材はチキンとレタス、サーモン、タマゴ、チーズとトマト、キュウリ。
もちろんこれもおかわり。

さてさて、主役のケーキ。
121_convert_20090808015300.jpg
ベリー類のタルト、レモンクリーム、杏仁のケーキ、
チョコレートマカロン、カップケーキ。
タルトと、マカロンは美味しかったです。ハイ。
少ししてから、ケーキのトローリーが運ばれてきました。
ドライフルーツケーキとビクトリアンケーキ(?)で、切り分けてくれます。
スポンジにバタークリームが挟まれているビクトリアンケーキいただきました。
砂糖の味しかしなかった…。
おかわり…しましたとも!!

結局2時間くらいいたのですが、
全然そんなカンジがせず、ゆったりとらぐじゅありーな時間が
過ごせる素敵なアフタヌーンティでした。
また機会があったらいきたいな♪

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(6)

2009.08.08 *Sat
バッキンガム宮殿

女王陛下の宮殿、バッキンガム宮殿。
117_convert_20090808005839.jpg

衛兵交替式。
097_convert_20090808010405.jpg 103_convert_20090808010527.jpg
近くにいた日本人のおばさま達の会話。
「この衛兵さんってスイス人なのよね」
「へぇ~!そうなの~。」
それバチカンじゃねえの?と、思ったのですが、
あえて訂正はしませんでした。
記憶がごっちゃになっちゃうときってあるよね。

宮殿の内部見学もしました。
女王陛下が避暑のためスコットランドでお過ごし中の
夏季のみ公開しています。
国賓を招待したり、会見したりする
絢爛豪華なお部屋を見学できます。

バッキンガム・パレス・ガーデンズ
119_convert_20090808010219.jpg
バッキンガム宮殿とつながっている公園です。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(5)

2009.08.07 *Fri
ケンブリッジ

お馴染みケンブリッジ。
宮殿や、フィッツウィリアムズ博物館、
セインズバリー(スーパーマーケット)やコーニッシュパスティのお店を
廻りました。

イギリスに来て初めて、
ケンブリッジ唯一の観光名物ともいえる
ケム川下り、パンティングを体験しました。


数学橋。
074_convert_20090808003431.jpg
クイーンズ・カレッジからかかる木造橋です。

キングス・カレッジ(左)とセント・ジョンズ・カレッジ(右)。
076_convert_20090808003656.jpg 077_convert_20090808003925.jpg

溜息橋。
081_convert_20090808004046.jpg
セント・ジョンズ・カレッジの新校舎と旧校舎を結ぶ橋です。

(おまけ)カモの親子。
083_convert_20090808004155.jpg

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(4)

2009.08.06 *Thu
(コッツウォルズの続き。)

続いて訪れたのは、ボートン・オン・ザ・ウォーター
050_convert_20090808000225.jpg
ウィンドラッシュ川(River Windrush)のほとりにあり、
「コッツウォルズのヴェネチア」
と呼ばれているそうです。
マジでか!?
「コッツウォルズのヴェネチア」では、
アヒルちゃんのレースが催されていました。
041_convert_20090808000351.jpg
…カワイイ。
(多分チャリティーの何かです)

最後の村はバーフォード。
051_convert_20090808000635.jpg
ここではクリームティ(紅茶とスコーンのセット)といただきました。
う~ん、スコーンがパサパサ、クロテッド・クリームもイマイチでした。
ツアー用なのかな…。

コッツウォルズ観光は雨が降ったり止んだりの
イギリスらしい天気でした。
…いやぁ、寒かった…。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(3)

2009.08.05 *Wed
コッツウォルズ

マイバス社さんのロンドン発日帰りツアーを利用して行ってきました。
コッツウォルズは、イングランド西にある、
可愛らしい田舎町の村々の総称です。

こちらはブロードウェイ。
033_convert_20090807232226.jpg
ブロードウェイという名前でも、ニューヨークの劇場街ではありませんヨ。

次に行ったのは少し大きめの村、ストウ・オン・ザ・ウォルド。
キングス・アーム(King's Arm 王様の紋章の意)というパブで
お昼ゴハンを食べました。
037_convert_20090807233203.jpg 038_convert_20090807233444.jpg
イギリス名物のフィッシュアンドチップス(左)と、
ベーコン・ブリー(カマンベールに似たチーズ)・ジャムを挟んだサンドイッチです。
実は、今回イギリスに来て初めてフィッシュ&チップス(※)を食べました。
相変わらずでっかい!けど、揚げたてサクサクでとっても美味しかったです。
サンドイッチもベーコンのしょっぱさと、ジャムの甘さが妙によく合っていて
美味しかった♪

※イギリスで「チップス」というのはいわゆる「フライドポテト」のコト。
 ポテトチップスは「クリスプス(crisps)」といいマス。


(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(2)

2009.08.04 *Tue
(キューガーデンの続き)

こちらはパーム・ハウス。
007_convert_20090807222757.jpg
ビクトリア朝時代に建てられたモノで、バニャニャとかコーヒーの豆とかが
育てられていてものすっごい蒸し暑いです。
わ~日本の夏を思い出すなあ(望郷)~
地下はちょっとした水族館になっています。

こちらはテンペレート・ハウス。
025_convert_20090807224041.jpg
イギリス国内最大の温室らしいですが、奥行きはあまりなく、横に広い。

本当に広くて緑が豊か。
のんびりすごせるボタニックガーデンですが、
ロンドン市内のケンジントンガーデン・ハイドパーク等の公園も
緑いっぱいでこんなカンジなので(しかも無料)、
わざわざロンドンから足を延ばして
入場料13ポンドも払って来ることも無いかな、と思いました。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドン周遊の旅(1)

2009.08.03 *Mon
菜の花藩より母君が訪英されましたので、
少し長いお休みをとってロンドン(プラスちこっとケンブリッジ)を
周遊してきました。

初日はこちらです。
キューガーデン
001_convert_20090807215412.jpg
正式名称:キュー王立植物園 Royal Botanic Gardens Kew
世界遺産なんですね、「世界中から集められた植物が育てられて」います。
ええ!植物。
木ばっかりで花はほとんどありません。

あ、フォアグラの素アヒルさん(?)はたくさんいましたよ。
柵の中とかではなく、普通に芝生を闊歩しています。
009_convert_20090807220659.jpg

勝手に花咲き乱れる庭園を妄想していたのでちっと拍子抜け。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

アイーダCD(劇団四季版) 観賞

2009.08.02 *Sun
帰国後の観賞に備えてミュージカル、
アイーダのCDをダウンロードしてみました。

アイーダ 濱田めぐみ
ラダメス 阿久津陽一郎
アムネリス 佐渡寧子
ゾーザー 飯野おさみ

実際のミュージカルを見ていないのでわからないですが、
う~ん、イマイチ「オ、これは♪」と思える歌は無かったような…。

濱田アイーダ
濱田さんの声は一発でわかる!!
本当に良く通る美しい歌声です。
濱田さんは凛とした強いヒロイン演じさせたら
右に出るものはいないですね。

飯野ゾーザー
ゾーザーって誰だろう(笑)
流石にウィキッドキャストの方は声を聞くとわかりますね。

阿久津ラダメス
阿久津さんて、以前NHKで放映された南十字星で
拝見しただけなのですが、
って感じの役どころが多いですよね。
どうしても品川庄司の品川さんに見えてしまって…
ごめんなさい。
歌を聴いてても品川さんが歌ってる
光景が浮かんでしまうんです…。

佐渡アムネリス
佐渡さんはキャッツのグリザベラ、というイメージが
あります。
高飛車な役どころが多いのでしょうか。
ウィキッド開幕時はグリンダキャストに入っていましたが、
結局デビューしませんでしたよね。
…うん、アムネリスの歌を聞く限り、
グリンダは無いだろうな。
お蝶夫人的なポジションがはまりそうなヒトだと思います。
「お洒落は私の切り札」という私が好きそうな歌があるのですが、
既にこの類は「ポピュラー(ウィキッド)」で完成形を観ているので
イマイチダサく感じてしまう…。

ウィキッド後釜ということで、2回分調子に乗って
チケットとっちゃったけど…どうなんだろう…。
ドキドキ。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。