This Archive : 2009年11月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低燃費少女ハイジ

2009.11.30 *Mon
日本では既に有名なのでしょうか。
最近見つけて大爆笑してしまいました。
 
日産ノートの低燃費少女ハイジ。

ハイジうっぜぇ!!!

クララ編が特に好きです。このクララ大好き!!
クララが舌打ちしたよ!!

日産さんの公式HPにブログ用貼り付け動画がありましたので
貼り付けておきます。宣伝の仕方(させ方?)うまいよなぁ・・・。
再生すると音が出ます。気をつけてね。結構重いかも。



「ちょうちょ超うざい」
スポンサーサイト
CATEGORY : 雑記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

LULU GUINNESS

2009.11.29 *Sun
帰国も近づいてきたので、そろそろお買いものを始めました。

大好きなルルギネス。
日本のライセンス商品とは、少し雰囲気が違うデザインです。

最初は違うバッグに惚れていたのですが、
このカメオ柄の黒バッグに一目ぼれして買ってしまいました
001_convert_20091123002621.jpg
ニポンでは来年1月に入荷予定のようです。

たくさん入るし便利ですよ。
ドレスの形をしたペンダントも購入してしまいました。

この時に、ルルギネスの有名モチーフが全部ついてる
20周年限定ブレスレットを見つけたのですが、ちょっと自主規制。

お店のお姉さんに、「今日はやめとく~~」と言って
その日は帰りました。
…でも諦められなかった、あきらめられなかったんだよ…。
2週間後にルルに再び行ってスパーンと買ってしまいました。
お姉さんに「あなた、戻ってきたのね!!」って言われてしまいました…。
CATEGORY : 庶民生活
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/14 ウィキッド マチネ(2)

2009.11.28 *Sat
つかめない…Alexiaエルファバ

Ashleighエルフィじゃなかった~…(寂)。
いや、こちらのAlexiaがメインの方なんですけどね。
このエルファバは…わっかんないですね。
終始無表情というか…ブータレ顔なんで、
感情が全然わからない。
コンプレックスだった変な力を、初めて才能と認められて
嬉しさを抑えきれずに歌う、「The wizard and I」(魔法使いと私)も
憮然とした表情のまま歌うんですよね…。
ひええええ…どういうエルファバなのかわからない…。

初めて笑顔を見せてくれたのは、
「Popular」直前のグリンダとの友情を確立するシーン。
それまで無表情だっただけにこの笑顔は感動的でした。

でもそれくらいだったかな…。
無表情に加えて、どこを見ているのかよくわからないところもあって…。
「Defying gravity」(自由を求めて)のクライマックスの時も
そこになんかいるの??ってトコロを見て歌っていて
ちょっと??でした。

次回でロンドンのウィキッド観劇は最後。
是非最後はAshleighエルフィでお願いします…。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/14 ウィキッド マチネ(1)

2009.11.27 *Fri
約2ヶ月ぶりのウィキッドです♪

グリンダ Dianne Pilkington
エルファバ Alexia Khadlme
フィエロ Oliver Tompset
オズの魔法使い Sam Kelly
マダム・モリブル Harriet Thorpe
ネッサローズ Natalie Anderson
ボック Alex Jessop
ディラモンド教授 David Stoller

ロンドン アポロ・ビクトリア劇場にて観劇
♪STALLS(1階席) 前から6番目中央♪

予測不能Dianneグリンダ

私のスタンダードになってきましたDianneグリンダ。
演出をすこし変えたみたいです。

最初の「No one mourns the Wicked」(グッドニュース)で、
市民が悪い魔女の死を喜び歌うシーン。
沼尾さんや、以前のDianneは痛々しそうに笑っていたのですが、
今回のDianneグリンダはわざとらしい笑顔を向けていました。
例えて言うなら、アリーマイラブで、
「あんたブータレ顔だもん」って言われたアリーが、
「私の顔は輝くような笑顔よ!!」って言って見せた表情と同じ
張り付いたような笑顔でした。(例えわかりにくっ!)

第一幕ではこの変な(失礼)笑顔を度々登場させるのですが、
同じ顔なのに、心からの表情のときと、取り繕っているときが
よくわかるんです。

もう一つ、Dianneグリンダは、うれしいことがあると「ウキャ~!!」って
奇声を上げるのですが、「What is this feeling?」(大嫌い)でも
クラスメイトを煽るところで「ウキャ~!!」を出していて可愛かったです。

(続く。)
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

デイム・ジュリー・アンドリュース復活?

2009.11.26 *Thu
11月25日付けのTIME紙(新聞の方です)に、
ジュリー・アンドリュースさんが
来年ロンドンの劇場で歌復帰をされるという記事が掲載されていました。

信憑性の程はわかりかねますが、
色々な歌手と共演されるそうです。

御歳74歳。

先日エリザベス女王が、ケンブリッジ大学にいらっさって
プチフィーバーだったのですが、
英国も女性の方がパワフルで元気なのかしら、と思う今日この頃。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(14)

2009.11.25 *Wed
最後になりました。

聖ミシェル・エ・ギュデュル大聖堂です。
一生覚えられそうにない…。

こちらはゴシック様式の大聖堂。
043_convert_20091122183539.jpg

王家とつながりが深いそうで、
王室の宗教行事を全て司るとのこと。
とても広い聖堂でした。
045_convert_20091122185152.jpg 044_convert_20091122184747.jpg

さて、かなり長くなってしまった
ブリュッセル日帰りトリップもこれにて終了です。
ちなみに帰りは、巴里の時とは違い(笑)
なんのエピソードも無く帰れました。

(終わり。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(13)

2009.11.24 *Tue
2階に展示物。
052_convert_20091122181631.jpg

3階にはいろいろな漫画の巨大パネルがあります。
日本からは、浦沢直樹先生のモンスター(手前)、
大場つぐみ・小畑健先生のデスノート(奥)がありました。
051_convert_20091122182433.jpg

この漫画センタ―、一階にミュージアムショップがあるのですが、
店の一角が日本のコミックで占められていました。
みんなフランス語です。
やっぱりジャンプのコミックが多いのですが(銀魂はなかったヨ)、
よしながふみ先生の「大奥」とか、
外国人わかんねーだろ、っていうコミックもけっこうありました。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(12)

2009.11.23 *Mon
さて、ベルギーはコミック発祥の地といわれているそうです。
タンタンが有名ですネ。

街中には↓こんなカンジで壁画もたくさんあります。
027_convert_20091122173531.jpg

ということで
ベルギー漫画センターに行ってみました。
048_convert_20091122175609.jpg

チケット売り場で、日本人だとわかると、
日本語の解説ファイルを手渡してくれました。

この青いヤツ、よく見るけど名前知らない…。
047_convert_20091122175913.jpg 046_convert_20091122180208.jpg

ちなみにこの漫画センタ―の建物もアール・ヌーボー建築です。
辿りつくまで結構迷子になりました…。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

アイーダ役に樋口さん登場!

2009.11.22 *Sun
アイーダのアイーダ役に樋口さんが登場しましたね!!
ぐは!!(すんません、かなり前からでした…)
各方面から大絶賛の濱田さんのアイーダも楽しみだったけど、
樋口さんとお会いできるのも楽しみ。
私が行く時はどちらに当たるかな

でも樋口さん、最近までウエストサイドストーリーに
いらっさいましたよね…?
てっきり東京のウエストサイドにスライドかと思っていました。
多忙だなぁ…。

つーか樋口さんがアイーダで出るなら、
アイーダのチケット買い足そうかなぁ…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

劇団四季 サウンド・オブ・ミュージック上演決定

2009.11.21 *Sat
11月号のアルプにて、
サウンド・オブ・ミュージックの上演が公表されました。
(毎月送ってくれるママン、本当にアリガトウ!)

ロンドンで上演していた
アンドリュー・ロイド・ウェバー氏プロデュースバージョンだそうです。

コレねぇ、見ようと思ってたんですけど、
今年の4月(3月かな??)でロンドンの公演終わっちゃったんですよねぇ。
ウェストエンドのパラディアム劇場ってトコロで上演してたのですが、
今はシスターアクト(天使にラブソングを)が上演しています。
イギリスでは今、サウンド・オブ・ミュージックは全国公演中デス。

四季の「55ステップス」で、
寒々しいくらいの(スミマセン)ドレミの歌が入っているので、
サウンド・オブ・ミュージック上演するのかな、と思ったら
案の定でした。

いいんじゃないですか?健全で。(棒読み)

まあ、開幕したら見に行くと思うんですが、
イマイチねえ…。今更ねえ…。ペギー葉山さんのドレミの歌以外の
歌聞かされてもねえ…。
(♪ドはドーナツのド♪じゃなかったとですヨ)

どうせなら中のヒトつながりで、
メリーポピンズを上演決定して欲しかったです。
メリーポピンズは面白かったヨ~!!!
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(11)

2009.11.20 *Fri
ベルギーといえばベルギーワッフル
ヴィタメールでいっぱいいっぱいでしたが、
懲りずにはいりましたよ。
ダンドワというベルギーワッフルのお店です。
029_convert_20091119023022.jpg

ワッフルには、リエージュ風とブリュッセル風があります。
リエージュ風は、日本でもよく見る楕円形で硬めの食感のもの。
ブリュッセル風は、長方形でふんわり食感です。

バニラアイスクリームとレモン付きのブリュッセル風ワッフル
をオーダーしました。
030_convert_20091119023402.jpg
ベルギーに来る前は、アイス+チョコレートソースって決めていたのですけど、
もう胃が無理でした。でも食べないって選択肢はなかったんだ…。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(10)

2009.11.19 *Thu
グラン・プラス周辺にて

セルクラースの像
032_convert_20091118015943.jpg
この像の腕に触ると幸運が訪れるそうです。
10ン年前も触った気がするんだけどなあ…。

ギャルリー・サンチュベール
040_convert_20091118021845.jpg 041_convert_20091118024201.jpg
アール・ヌーヴォー様式の建築で有名な世界最古級の
ショッピング・アーケードです。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(9)

2009.11.18 *Wed
038_convert_20091117013759.jpg
世界で最も美しい広場のひとつといわれる
グラン・プラスです。

ウン十年前にもベルギーを訪れたことがあるのですが、
ここの記憶だけは鮮明だったなあ…。

037_convert_20091117014552.jpg 036_convert_20091117014849.jpg
左:手前がブリュッセル市庁舎、奥がベルギービール醸造博物館
右:ブリュッセル市立博物館(王の家)です。

ブリュッセル市立博物館には、小便小僧の衣装コレクションが
展示されているそうなので、是非入りたかったのですが、
閉館中でした(泣)。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(8)

2009.11.17 *Tue
おなかいっぱい、チョコレートもいっぱいで
グラン・サブロン広場をあとにして、
ブリュッセル中心のグラン・プラスに向かいます。

その途中でブリュッセル一有名な「彼」と会ってきました。
小便小僧くんです。
028_convert_20091117012737.jpg

17世紀に制作された彼、ジュリアン君は
最年長のブリュッセル市民。
今回は青いお洋服ですが、
イベントごとにお着替えするそうです。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(6)

2009.11.16 *Mon
グラン・サブロン広場の続きです。
この旅行のメインですよ、メイン。

おいしい甘いものを食べさせてください(切実)

まず、日本でもお馴染みベルギー王室御用達のヴィタメールの本店です。
022_convert_20091116235904.jpg
ベルギー以外の海外店舗は日本だけのようですね。
屋根のところに「TOKYO」とか「OSAKA」って入ってます。

2階にあるカフェに行き、さっそくケーキを注文。
ケーキは全種類トレイで持ってきてくれて、それを選ぶシステムです。
カフェオレとチョコレートケーキをお願いしました。
023_convert_20091117000958.jpg

ごっさチョコレートでした。
どっしりこってりです。チョコレートケーキにチョコレートソース付きです
ものすごく美味しかったですよ。…最初の半分は。
なんか…もう年なのか…全部いただいたら重かったです…。

この後、すぐ近くにあるゴディバかピエールマルコリーニで
ホットチョコレート買って飲もうと持ってたけど無理っぽい…。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(7)

2009.11.15 *Sun
ヴィタメールのケーキで満腹になり、
次はピエールマルコリーニです。
024_convert_20091117005334.jpg 013_convert_20091117005938.jpg

マルコリーニのチョコレート大好き!!
ショーケースもジュエリーショップのようです。

ものすっごいおなかいっぱいだけど、
血沸き肉踊るデス。
調子づいて情熱にかられて、
チョコレートアソート、マカロン、エクレアを買いました。
056_convert_20091117010342.jpg 055_convert_20091117010532.jpg 054_convert_20091117010642.jpg
特にマカロンが美味しかったです。エクレアも軽くて美味しかった♪
こちらに来るまでマカロンてそんなに好きじゃなかったんだけど、
6月に行ったピエール・エルメといい、
今回のピエール・マルコリーニといい、
マカロンがおいしい!
今回はかわいそうなマカロンにならなかったし。
(↑前回のユーロスターで学んだ私)

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

銀魂(11)

2009.11.14 *Sat
ブリュッセルの途中ですが、
先日放送されたアニメ銀魂の
183話「人気投票なんて燃えて灰になれ」が面白すぎたので。

なんなんですか、あの最初の混沌!!

いきなりブツブツ切れたり放送事故状態かと思ったら、
(新八くんの突っ込みがなかったら、ぜったい放送事故だと思われる)、
突然、北斗の拳のぱくりパロディでしたね。
完成度の高い絵とナレーションで。
その後のニセ提供まで流すってどういうこと(大爆笑)!?
提供:マムシ興業!(元祖工場長です!)

その後に流れた本当の(?)オープニング…
最初何が起こったかわからなかったです。
もう…斬新過ぎて、理解するのが大変だよ。
ピカソとシャガールを足して3余ったカンジの何か
が降臨したんだと思います。
初めてウゴウゴルーガを見て以来の衝撃だったわ…。
この人気投票編を映画化してほしいです。

最初で「原作者行方不明」とか…クレヨンし○ちゃんかよ…とか、
本編でも「変装の達人」の桂小太郎(整形じゃないけどさ)がつかまったりとか、
どんだけタイムリーな時事ネタなんですか!
イギリスでもね、タイム紙やガーディアン紙が2面割いていたんだよ!!

銀魂って、何故か時事ネタとかぶるらしいですね。
原作がジャンプに載るのなんてアニメ放送の半年くらい前だから、
時事ネタなんて狙えるわけないのに。
ノストラダムスよりすごい。

11月18日(水)の18時半からBSジャパンで放送される(ハズ)です。
本当にウゴウゴルーガ以来のカオスな番組なので、
最初の5分間だけでも見てください。

明日ロンドンに行った時、最新刊買ってこなきゃ♪
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(5)

2009.11.13 *Fri
このグラン・サブロン広場では毎週土日に、
アンティーク市が開かれます。
020_convert_20091112025427.jpg
本当にウチでいらなくなったもの売ってるんだろうな…。
ってカンジの真正☆骨董市でした(笑)

こちらはプチ・サブロン広場。
普通の公園…というかまごうことなく広場ですね。
015_convert_20091112030055.jpg

…とここまではオマケの「ちょっと高尚なカンジ」な観光です。
いよいよ、本日のメイン観光スポットにいきます♪

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(4)

2009.11.12 *Thu
今回のブリュッセルのメイン、グラン・サブロン広場にやってきました。

まず、ノートルダム・デュ・サブロン教会
典型的なゴシック様式の教会です。
017_convert_20091112023245.jpg
どうでもいい話ですが、
ここの教会、入口(出口も)が二重扉なんですね。
ドア開けたと思ったら、壁(扉)が現れて、
数秒フリーズしてしまいました。(←バカ)
それも、2個目のドアは引いても開かなくて、
どうしたもんかと固まっていたら、
教会の前に座っているおばあさんが
(教会の前に座って自分への寄付を求める類のヒト)
私に向かってめっちゃなんか言ってるんですよ。
フランス語なんてわからないも~ん、寄付するお金なんてないも~ん
と、ソフトにシカトこいてたら、
今度は「押せ」というジェスチャー。
あああ、入り方教えてくれてたのか(ポンッ)!!
おばあちゃん、メルシー!!
でも寄付はしないけどな。

この教会内にある、大きな11枚のステンドグラスが有名だそうですが、
あんましたいしたことなかった…(もにょもにょ)。
一応バラ窓ハンターなので、バラ窓のおさしんだけ撮ってきました。
スミマセン、相変わらずぶれています。
018_convert_20091112024153.jpg

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(3)

2009.11.11 *Wed
まず最初に向かったのは
ルイーズ広場。
009_convert_20091111032642.jpg
高級お買いものエリアです。
特にめぼしいものも無く、ちこっと見つけたロクシタンで
ハンドクリームだけ買って次の目的地に移動しました。
しかし見事にヒトがいない。
ここってベルギーの首都だよね???
小雨もちらついてきて(雨女伝説再来)、ちょっと寂しい街歩きデス。

こちらは通りかかった最高裁判所。
010_convert_20091111033322.jpg

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(2)

2009.11.10 *Tue
(続き。)

なんやかやでブリュッセル南駅に到着です。

ユーロスターから降りてそのままぷ~っと出られてしまいました。
入国審査…なんてなかった。EU同士だから??
この前パリに行った時は入国審査あったんだけどな…。
ちょっと不安になりながらもとりあえず移動です。
何せ今回は日帰り。
効率よく回らなければ時間がMOTTAINAI

まずは自動販売機で、地下鉄・トラム共通の一日券を購入しました。
左:切符販売機 右:一日券 €4.50(写真ボケとる…
008_convert_20091110035656.jpg 058_convert_20091110035917.jpg

さて、ガイドブックによると、オレンジ色の自動検札機があり、
それで刻印をしなければいけないそうなのですが…。
053_convert_20091110040653.jpg
…あった。
けど見つけにくっ!位置低っ!!

日本やイギリスの様に必ず券を通さないと電車に乗れないという
システムを取っていないので、
気付かない観光客多いんじゃないでしょうか…。
この駅、ユーロスターの発着駅ですよ…?
キセルどころか、タダ乗り可能なシステムです。
イギリスの国鉄もそうなんですけど、
無賃乗車推奨??

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/07 ブリュッセル(1)

2009.11.09 *Mon
パリに続き、イギリスに来てから2度目の海外旅行に行ってきました。
今回はベルギーの首都ブリュッセルへ日帰りです。

今回の目的はコレ。
「美味しい甘いものを食べさせてください(哀)」

ケンブリッジ始発5時45分のロンドン行きに乗って
まずはユーロスターの発着駅セントパンクラスへ。
001_convert_20091109043924.jpg 057_convert_20091109044247.jpg

7時53分発、ブリュッセル南駅行きに乗って出発です。
ユーロスターは全席指定です。これは2等車。
食堂車(売店)があり、各車両にトイレがあり。新幹線と同じです。
006_convert_20091109045326.jpg

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第87話

2009.11.08 *Sun
ケンブリッジの生活も残すところ1か月を切った姫様ですが、
クラスが変わりました。
ありがたいことに進級(?)したわけですが、
姫様的ベスト先生コンビの
ドナ&ルーピンと別れるのはツライ

新しい担任は、
またもやルパン
ルパン、大好きなんですが、相変わらず早口なんですよね…。
ちょっとポカンとしていたつもりが、
授業終わってたりする(笑)

副担任は…先週はアンブリッジだったのですが、
安定していないようです。
アンブリッジも、最初大っきらいだったけど
ホームズと出会ってからは皆優しいヒトです…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第86話

2009.11.07 *Sat
(続き)

ガイ・フォークス・ナイトを見学してきました。
ケンブリッジの会場は「Midsummer Common」という公園です。
002_convert_20091107041026.jpg

ケンブリッジってこんなにヒト居たんだ…と思うほど
ヒトがあふれていました。
屋台があって、ヒトがたくさんいて、
ニポンのお祭りと変わらないです。

ニポンだと季節外れなカンジですが、花火です。
[高画質で再生]

イギリスの花火

[広告] VPS

ちょっと思ったけど、海外の花火より、
日本の花火の方が綺麗な気がします。
たとえて言うなら、
日本の花火は、フラワーアレンジメントの先生の作品で、
英国で見た花火は、私が作った落ち武者の様…(←引きずってる)

最後はボンファイア(篝火)もガンガンたかれていました。
009_convert_20091107040635.jpg

COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第85話

2009.11.06 *Fri
イギリスでは毎年11月5日に「ガイ・フォークス・ナイト」、
別名「ガイ・フォークスの日」、「ボンファイアー・ナイト」と呼ばれる行事が
開催されます。

ガイ・フォークスさんというひとは、
1605年に起きた火薬陰謀事件(政府転覆未遂事件)の首謀者だそうです。
何故コレが行事になるのかわからないのですが…。

イギリスではハロウィンよりも、俄然こちらの方がメジャーです。
(ハロウィンは日本と同じか、それ以下の盛り上がり)

昔は、「ガイ (Guy) 」と呼ばれる、ガイ・フォークス人形を
児童らが曳き回し(「曳き回し」ってどうよ…)、
最後には篝火に投げ入れられて燃やされます。

11月5日が近付くとこども達が自作のガイ人形を持って近所を回り、
「A penny for the Guy!(ガイ人形の為に1ペニー頂戴!)」と言って
祭りに備える為のお金を募ったそう。
チッとハロウィンの「Trick or Treat!」に通じるものがあるかな。
現在では、主に篝火と打ち上げ花火を楽しむ行事となっているそうデス。

ということで、(できれば)明日にでも、
ケンブリッジのガイ・フォークスをお伝えします。
今からいっちきます。

(説明文はウィキペディアから引用しています。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/10/31 PRISCILLA マチネ(2)

2009.11.05 *Thu
(PRISCILLA続き。)
016_convert_20091105064718.jpg

主役3人について
Tick
 一番常識人なヒト。
 実は子供もいて、モトはノーマルだった??んでしょうか。

Adam
 一番破天荒なヒト。
 普通にすっごいかっこいいヒトなので、
 役者さんの履歴を見たら、
 オペラ座の怪人のラウルを演じてらっしゃった方(超納得!!)
 このヒトのラウルはむっちゃカッコよかっただろうな…。
 今はモノ凄いゲイの役ですが…何があったんだろう…。

Bernadette
  一番老婦人なヒト。
 イメージ的にはアリーマイラブの第5シーズンに出てきた
 クレア・オトムズオバチャンが近いでしょうか。
 あの人よりはマトモだと思いますが(笑)

特記したいひと
Cynthia
 なんと、日本人の方がいらっさいました。
 ナカノカナコさんというお名前だそうです。
 最初からずっとご出演されていて、
 ダンス枠のアンサンブルかと思っていたら、
 2幕でやってくれました。
 うっさんくさいお色気中国系(?)
 ここまでよく突き抜けられたな、とただただ感心です。
 ますますのご活躍をお祈りしています。
 ガンバレニポンジン!!!

使用している歌は、70~80年代(多分)のヒット曲なので、
どこかで聞いたことある、という歌ばかりです。
アリーマイラブが好き、
USJのモンスターロックンロールショーが好き、
ディズニーリゾートのショーが好き、
紅白は小林幸子さんだけを楽しみにしている、
ド派手な衣装・ピンク・キラキラが好き

いづれかに当てはまるのであれば、
絶対オススメです。

明るい・面白いミュージカルだったら、
ロンドンウェストエンドのイチオシです。
(個人的にはマンマ・ミアより面白かった…かも。)

(終わり。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/10/31 PRISCILLA マチネ(1)

2009.11.04 *Wed
Tick Craig Ryder
Bernadette Tony Sheldon
Adam Oliver Thornton
Divas
  Zoe Birkett, Emma Linders, Amy Edwards
Bob Clive carter
Cynthia Kanako Nakano

ロンドン パレスシアターにて観劇。
♪1階席 前から7番目 左ブロック♪
015_convert_20091102061603.jpg

ストーリー
3人のドラッグ・クイーン(女装のゲイ)がバスでシドニーから、
オーストラリア中部、砂漠の真ん中にあるリゾート地に向かう。

1994年のオーストラリア映画のミュージカルです。
担任のドナのオススメ。
いや、もうめちゃめちゃ面白かったです。

これぞエンターテイメント!って
思いっきり突き抜けたミュージカルでした。
正直言葉は全然聴き取れんかったのですが(お約束)
そんなもの関係なしにキラビヤカでゴーヂャスなショーでした。
(台詞でも皆さんガンガン笑っていたので、多分台詞も面白いと思われます)

紅白の小林幸子さんと美川憲一さんの衣装(装置)が
入れ替わり立ち替わり、
なおかつディズニーランドのエレクトリカルパレードを
3時間ぶっ続けで見ているようなミュージカルです。

(続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

銀魂(10)

2009.11.03 *Tue
銀魂、映画化だそうです。

まじでか??
アニメ終わる終わる詐欺から
映画やるやる詐欺になっただけ?(by神楽ちゃん)
嘘から出た誠ちゃん?

映画化って…やっぱり紅桜編なんでしょうかね??

真面目な回も面白いのですが、
個人的には(八郎の)母ちゃんの回とか、
鍋の回が好きなのですが…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第84話

2009.11.02 *Mon
(続き。)

先生のお庭第二弾(どんだけ広いんだ)です。

ここにはフラワーアレンジメントで使った葉っぱやお花が咲いています。
029_convert_20091102055006.jpg

散策を終えてお家に戻ると、
アフタヌーンティのテーブルセッティングも終わっていました。
きゃっほ~。
037_convert_20091102055711.jpg
手前のまるいのはバターを塗ったマフィン、
右奥がコーヒーケーキ、
一番奥のティーポットの隣がレモンケーキとブラウニーです。
スウィーツはイギリスのスウィーツの味でしたが(笑)、
暖炉にソファの雰囲気がとっても素敵で、楽しい時が過ごせました。
022_convert_20091102060834.jpg

また機会があったら是非!
というか、花の美しい6~7月にお願いしたいデス。
(終わり。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第83話

2009.11.01 *Sun
(続き。)
先生がアフタヌーンティの準備をしてくださっている間、
お庭を散策しました。

秋の庭~ってカンジです。(広い!)
023_convert_20091031024350.jpg

枯れ葉そのままでも味があります。
ペネロピ先生のお庭にもありましたが、
ここにもハンモックがありました。
英国のお庭スタンダードなのでしょうか?
025_convert_20091031024819.jpg 024_convert_20091031024717.jpg

野生の動物もたくさん生息しているらしく、
キツネ、シカがいるとのこと。(熊も出そうでした…)
また、セブンオークスはイギリスきっての
バードウォッチングスポットとのこと。
そういえば、道路の標識も「シカ飛び出し注意」じゃなく
「野鳥飛び出し(?)注意」だった…!
散策中にもウサギちゃん見ました♪

この方達は先生が飼われているペットです。
フクロウと鶏。
027_convert_20091031030034.jpg 028_convert_20091031030303.jpg

鶏は…クリスマス用かどうかは確認してません。
ハンティング用のフクロウですって。
むっちゃ威嚇してきて檻に入っているとはいえちょっち怖かったぜ。

(続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。