This Archive : 2009年12月

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/12/24~27 京都・大阪(4)

2009.12.31 *Thu
2日目

2日目は午前中から京都に行ってきました。

実は伏見稲荷が見たかったのです。

011_convert_20100202182845.jpg

想像していたよりものっそいたくさんの鳥居でした。
朱色の鳥居が美しかったです。
013_convert_20100202183132.jpg 016_convert_20100202183321.jpg

各鳥居の裏側に寄贈者と寄贈年が記してあって、
それを見るのも中々面白かったです。

雪の中だったらまた印象が違うんだろうなぁ。
日本人より外国人の観光客の方が多かったくらいです。

(続く。)
スポンサーサイト
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/24~27 京都・大阪(3)

2009.12.30 *Wed
(USJ続き。)

USJに行ったのはクリスマスイブでした。

…ので、「日本一大きい」らしいクリスマスツリーも
ちゃんと見てきましたよ~。
009_convert_20100201182420.jpg

暗くなってライトアップすると、
光の色が変わっていってとてもきれいでした。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/24~27 京都・大阪(2)

2009.12.29 *Tue
(USJ続き。)

さて、USJに行ってもメインイベントはコレ。

ウィッドです。
003_convert_20100201181921.jpg

USJのウィケッドの方が四季のウィキッドより早かったんですよねぇ。
この「け」と「き」の違いが気になる…。
私の初めてWICKEDはUSJです。実は。

USJ版は内容を30分程度に編集したバージョン。
ウィキッドの有名なナンバーを濃縮したカンジです。
エルファバは英語、グリンダは日本語で歌うのが面白い演出です。
四季版よりUSJ版の和訳の方が個人的には好きです。
(四季は言葉が必要に簡潔なので…)

内容は若干グダグダです(失礼)
ちょっと気になるのはグリンダの魅力が一切見えないところ。

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/24~27 京都・大阪(1)

2009.12.28 *Mon
京都の「美女と野獣」観劇、
大阪の「ウィキッド」観劇をメインに行ってきました。

ぎゃ~~久しぶり四季ウィキッドぉぉぉ!!

観劇記を交えて日程順にアップしていきたいと思います。(頑張るぞ)

1日目

まずは大阪に着いて、
ユニバーサルスタジオジャパンに行きました♪
002_convert_20100201181344.jpg

生粋のディズニーマニアの私ですが、USJも大好きです。
ターミネーター2の綾小路麗華さんや、
モンスターロックンロールショーのビートルジュースが
大阪ならではのノリで面白い!
でもビートルジュースって元ネタの映画どれくらいのヒトが
知ってるのかな。(巨匠ティムバートン監督の作品ですヨ)

(続く。)
CATEGORY : 旅行
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/18 ウエストサイド物語 マチネ

2009.12.27 *Sun
ジェット団
リフ 松島 勇気
トニー 福井 晶一
アクション 大塚 俊
A-ラブ 大塚 道人
ベイビー・ジョーン 大空 卓鵬

シャーク団
マリア 笠松 はる
ベルナルド 加藤 敬二
アニタ 樋口 麻美
チノ 畠山 典之

大人たち
ドック 山口 嘉三
シュランク 志村 要
クラブキ 石原 義文

劇団四季 四季劇場秋にて観劇。
♪1階席 9列目の中央ブロック♪

ウエストサイド物語(なんで「ストーリー」じゃないのかな?)を
見てきました。
もう言わずもがなでアニタ役の樋口さんが!!

はふ~~

欲目無しでも一番存在感があったと思います。

樋口さんはエルファバ役でしか存じ上げなかったのですが、
華のある南米系のアニタ役もはまっていますね。

しかししかし。
樋口さんしか目に入らなかったデス。
あ、加藤敬二さんも、「うおおお!!加藤さんだぁ!!」って
カンジでした(どんな??)

主役のお二人の影が薄い感じがしました。

マリア役の笠松はるさん、
あんまり…というか結構プエルトリコのメイク似合ってなくてかなりの違和感。
そいで、ものすんごい皆さんの頭のでかさが気になりました。

見ててちょっとこっぱずかしくなる
ニポンのミュージカルの典型みたいな感じだった…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/16 コーラスライン マチネ

2009.12.26 *Sat
ザック 深水 彰彦
ラリー 影山 徹
ダン 松浦 勇治
マギー 和田 侑子
マイク 斎藤 洋一郎
コニー 大口 朋子
グレッグ 道口 瑞之
キャシー 坂田 加奈子
シーラ 増本 藍
ボビー 横山 清崇
ビビ 上條 奈々
ジュディ 石倉 康子
リチー 西尾 健治
アル 菊池 正
クリスティン 染谷 早紀
ヴァル 石塚 智子
マーク 玉井 晴章
ポール 田邊 真也
ディアナ 熊本 亜記
フランク 笹岡 征矢
ロイ 宮本 聖也
トム 名児耶 洋
ブッチ 吉田 龍之介
ビッキー 鳥海 郁衣
ロイス 新保 綾那
トリシア 濱村 圭子

劇団四季 自由劇場にて観劇。
♪1階席 前から5番目真ん中♪

出演者多いなぁ…。
う~ん、内容は微妙でした。
キャッツ好きな人は好きかもしれません。

オーディションに受けに来た俳優の卵たちが自分の生い立ちを語っていく…
だけです。

ディアナ役の熊本亜記さんが歌がお上手でした♪
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

FINAL FANTASY ⅩⅢ

2009.12.25 *Fri
今やっと11章なんですけど…
今更なんですけど…

FFⅩⅢって面白いの???

という心境なのですが。

世間様はどうなんでしょうか。
未だに目的がよくわからないのは私がおバカだから??

CGどや!!
なかんじでおなかいっぱいになっているカンジ。
(つーかCG頑張る1割くらい文字に気を使って欲しいです、ホントに)

理解力が乏しいのか、ストーリーがよくわからないんですよね。
街のヒトと会話するとかも無いし…。
キャラクターもなんかふわふわふ~ってしてて
誰を使っていいかわからない。(つーか皆あまり好きじゃない)
…のに、使ってないキャラクターがボス戦に強制参加とかあるし。

お金が手に入らないから武器の改造も出来なくて弱いままだし。

キャラクターに肩入れして、
序盤でお金とレベル稼いで楽して話を進める
私にはあまり合わないのかな。

ⅩⅡもイマイチ終わらなかったけど、
ⅩⅡはマップが広すぎて飽きちゃったんですよ。
キャラクターは結構好きだったしお話も結構面白かった。

ⅩⅢは…面白いトコロ見つからないデス。
…やめようかな…。

なんか、早くⅦのリメイク出してくれればもういいよって
カンジになってきましたねぇ~。
PS3てPS2のゲーム出来ないし。

「ゲームの話になると懐古主義に陥る大人の典型」になって来ました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドンウィキッドまとめ(3)

2009.12.24 *Thu
フィエロ
 Oliver Tompsettさん
 踊らない、演技しない、心がない(笑)の
 英国上流階級フィエロでした。
 なのに妙にくせになるというか、
 変な味わいがあるフィエロでした。
 「変わらない」イギリスの真髄を見せてもらいやしたぜぃ。

最後に

最初の頃は、ウィキッドの雰囲気とナンバーを楽しみに見ていた
ウエストエンド版ですが、
台詞もだんだん聴き取れるようになりました。
英語ならではの言葉遊びが散りばめられていたり、
台詞も韻を踏んでいたりと、
四季版にはない楽しみ方もできるようになりました。
また機会があれば是非観劇したいデス。

(終わり。)
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドンウィキッドまとめ(2)

2009.12.23 *Wed
エルファバ
 Ashleigh Grayさん
 明るくて元気、樋口さんのようなエルファバでした。
 「The Wizard And I」を本当に嬉しそうに歌ってくれるので、
 見ているこっちも嬉しくなりました。
 スタンバイ(控え)の役者さんですが、一番大好きでした。
 ウィキッドでなくとも、今後再会できたらいいな。

 Kerry Ellisさん
 2008年NYウィキッドでもお会いし、
 何かとご縁のある方でした。
 クールなエルファバでしたが、
 声の伸びが素晴らしくて、
 特に「No Good Deed」は鳥肌モノの迫力でした。

 Alexia Khadimeさん
 ぶーたれエルフィでしたね。
 また何回か見たら良さが発見できたかも…と思います。

(続く。)
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ロンドンウィキッドまとめ(1)

2009.12.22 *Tue
カウントしたところ、
2009年ウエストエンドで観賞したウィキッドは9回
いやあ、よう見たですね。
最後にまとめを。

グリンダ
 Dianne Pilkingtonさん
 可愛らしくて面白い、
 イギリスの沼尾さんのようなグリンダを演じてくれました。
 歌唱力では一歩沼尾さんに及びませんが、
 ぶっとんだ魅力いっぱいのDianneグリンダ、大好きでした。

 Sarah Earnshawさん
 最初に見たときはちょっとビッチなカンジであまり好きではなかったのですが、
 最後の観劇ではDianneグリンダとはまた違った魅力の
 グリンダを見せてくれました。

(続く。)
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/08 ウィキッド ソワレ(2)

2009.12.21 *Mon
026_convert_20091230134154.jpg

Sarahグリンダ
 以前見たときにかなりビッチなカンジであまり好きじゃなかった
 Sarahグリンダですが、前回とは全然違いました。
 Dianneに近付けているのでしょうか。
 Dianneほどぶっ飛んだカンジはありませんでしたが、
 中々面白いグリンダでした。
 優等生(イイヒト)が過ぎてごっさ空回りするグリンダって印象かな。

Oliverフィエロ
 この人は、ずぅ~っと変わりませんでしたね。
 「変わらない」ことが美徳の真正のイギリス人ポかった。
 ウン。

以上。


…というか、今回の観賞の特記事項はこんなカンジです。
次回からロンドンウィキッドのまとめデス。
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/08 ウィキッド ソワレ(1)

2009.12.20 *Sun
久しぶりの更新です。FFに忙しくて…。
まあ、読んでる人なんて誰もいないので良いんですけど。

ウエストエンド最終観劇第四弾:結

グリンダ Sarah Earnshaw
エルファバ Alexia Khadlme
フィエロ Oliver Tompset
オズの魔法使い Sam Kelly
マダム・モリブル Harriet Thorpe
ネッサローズ Natalie Anderson
ボック Alex Jessop
ディラモンド教授 David Stoller

ロンドン アポロ・ビクトリア劇場にて観劇
♪STALLS(1階席) 前から6番目中央♪

001_convert_20091217093029.jpg

イギリス最後の観劇はモチロンウィキッドです。

あああ、何から書こうかな。
今回、思い入れのあるAshleighエルフィ・Dianneグリンダではなかったので、
結構冷静に見られたかと思います(笑)

最後だったのでワイン片手にいい気分での鑑賞になりました。

(続く。)
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

FINAL FANTASY ⅩⅢ

2009.12.19 *Sat
早速攻略をスタートさせました。FF13。

体験版の感想と同じなんですけど、
文字読みにくくないですか??

画像はモノスッゴイんですけど、
文字が見にくすぎ!
アイテムの名前とかよくわからない。
私だけ?
漢字なんてつぶれちゃってて読めないですよね?

だからチュートリアルもよく読めなくて
システムもイマイチわからない…。
序盤のボス戦で既に進めなくなってしまいました…。

ウン、頑張ってプレイしよう。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ここ最近で学んだこと

2009.12.18 *Fri
本日12月18日なわけですが、
もう…観劇記が全然間に合ってないデス。
今日もウエストサイドストーリー見に行くのですけど、
ロンドンで観たウィキッドも、
一昨日見た四季のコーラスラインも
記事上げてないデスからね…。

来週になったら
美女と野獣、ウィキッド(四季)だし。

ブログにアップするの間に合わないほど観劇はしなくてよい。

来年の抱負にしよう、ウン。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

FINAL FANTASY ⅩⅢ

2009.12.17 *Thu
本日発売です♪
さっき届きました。
これでまたブログの更新が滞るでしょう

ニポンに帰った翌日に速攻でPS3を購入しましたヨ。
確かに軽量化したとはいえ重いですね。
蜂の巣の姐さんが昏倒するわけだわ(←銀魂)

ところでFFⅦAC完全版のオマケの
FFⅩⅢの体験版をプレイしたのですが、
文字が読みにくくね??
何だろう…私が年だからかな??
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/07 リーガリー・ブロンド ソワレ(4)

2009.12.16 *Wed
017_convert_20091217091200.jpg

CAROLINEヴィヴィアン
 このヒトね、今年の3月くらいまで、
 ウィキッドに居たんです♪
 当時の観劇記にも書いているのですけど、
 ムッチャ可愛いネッサローズだったんですよぅ~~。
 いなくなっちゃってどうしたのかと思ってたら、
 ヴィヴィアンになっていました。

AOIFEブルック
 シカゴのロキシー・ハート役だった方です。
 腹筋すげ~~。
 キャラハンを解雇してエルに弁護士を任せたシーン。
 キャラハンに「監獄を楽しんでくれたまえ」と嫌味を言われても
 セリーナとマーゴット(エルのデルタ・ヌウメイト)と
 話すのに夢中で、「あ~うんバイバ~イ」と適当に流しちゃったシーンが
 かなり笑えました。

JILLポーレット
 かなり若い方でした。
 ちょっと歌唱力が足りなかったかな??
 彼女の見せ場はほとんど宅配屋カイルがさらってしまいます。

ということで、本当に明るくて楽しくて元気になる観劇でした。
やっぱりリーガリーブロンド大好きだ
去年NYに行った時、リーガリーブロンドだけは
どうしてももう一度観たいと思っていたのですが、
そのためにNY行くのもなぁ~と思っていたので
ウエストエンドでの上演決定は本当に嬉しかった!
かなり合衆国~~な内容なので、観客の反応が心配でしたが
英国人のみなさんの反応も上々だったのではないでしょうか。
是非是非英国でもロングランしてほしいです♪

(ウエストエンド最終観劇第四弾:結に続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/07 リーガリー・ブロンド ソワレ(3)

2009.12.15 *Tue
それでは俳優さん別で。

SHERIDANエル
 実は最初のポスターを見た時、
 「うげ。おばさん顔じゃん…」と、思いました(ゴメンナサイ)
 ドウデスカ、コレ。
 002_convert_20091217075855.jpg
 実物は…ポスター通りでした。
 プログラムに載っているノーメイク時の顔は、
 アイラ・フィッシャーさん似のかわいい女優さんなのに…。
 しかし演技、歌唱力共に申し分なし!
 エル役は、コメディエンヌの素質が要求されますが、
 ガンガン笑いをとっていましたよ。
 途中からけばいおばちゃん顔も全然気にならなくなりました。
 (女優さんてスゴイ)

ALEXエメット
 エメット…中身がイケてる冴えない外見のイソ弁役なのですが…
 最後まで冴えない外見でしたネ
 「デパートメントストアと呼ばれている場所」で
 エルにスーツを見たててもらってから
 法廷に登場するシーンで、
 NYバージョンでは「お、ちょっとカッコよくなった!」と
 思ったのですが、今回は「…あり??」という感じでした(笑)
 でも中身がイケてるからいいんです、彼は。

DUNCANワーナー
 登場するだけで大爆笑をかっさらいました(笑)
 若き日のブラッド・ピットを彷彿とさせる容貌で、
 典型的なアメリカのイケメン(中身空)のワーナー、
 完璧でしたね。

(続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/07 リーガリー・ブロンド ソワレ(2)

2009.12.14 *Mon
以降、映画キューティー・ブロンドの内容知ってる前提で語っています。
アシカラズ。

まず昨年観劇したニューヨークとの違いから。
(注意:記憶あやふやなので間違ってたらスミマセン)

023_convert_20091216212203.jpg

舞台の広さ
 サヴォイ劇場、今までのどのウエストエンドの劇場よりも
 小さかったです。
 四季の自由劇場より全然小さい!なので、
 最初のナンバー「Omigod You Guys」で、
 デルタ・ヌウのメンバーが一人ずつ窓から顔を出して
 歌うシーンが、まとめて一つの窓(ドア)を開けて歌うという演出に。
 確かNYバージョンでは、窓から窓へ、エルへの
 色紙(?)が手渡されて行ったと思います。
 ちょっと面白い演出だなあと思っていたので
 カットされてしまったのが残念。

ミスキャスト
 一番がっかりなキャスト…それは
 ブルーザーです。
 エルの愛犬のチワワですね。
 この子が明らかに駄犬だったんですヨ!!
 初登場シーンは、前述の「Omigod You Guys」、
 エルの親友セリーナと会話をするのですが、
 吠えっぱなし。 
 俳優さんが明らかに「黙れ」の合図をしているのにも関わらず(笑)
 2回目の登場シーンは、
 エルがハーバード大学に登場するシーンなのですが、
 必死こいて違う方向に行こうとしているんです。
 エル役のSHERIDANさんが途中で餌あげてました。
 NYの時はなんてお利口さんなんだろう、と感心しましたが、
 今回は彼が登場するとハラハラドキドキしました。
 最後のカーテンコールは出てきませんでしたからね(笑)
 相当ご機嫌がよくなかったのでしょう。
 気まぐれな英国チワワだったのでしょうか。

(続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/07 リーガリー・ブロンド ソワレ(1)

2009.12.13 *Sun
ウエストエンド最終観劇第三弾:転

エル SHERIDAN SMITH
エメット ALEX GAUMOND
ワーナー DUNCAN JAMES
ヴィヴィアン CAROLINE KEIFF
ブルック AOIFE MULHOLLAND
ポーレット JILL HALFPENNY
キャラハン PETER DAVISON

ロンドン サヴォイ劇場にて観劇。
♪ストールズ(1階席) 前から10番目左中央♪

022_convert_20091213133402.jpg

ついにこの日が来ました♪
映画リーガリーブロンド(邦題:キューティーブロンド)のミュージカル版です。
リース・ウィザースプーンさん主演の私が一番大好きな映画で
昨年ニューヨークで観てから、また観たいと思っていた作品。
ようやくロンドンに上陸です。
このブログのURLの「ベンド&スナップ」も
この作品のキーワードからいただいていますよ。

サヴォイ劇場はかなり小さな劇場でした。
予想していましたが、若い女の子が多い!
なので始まる前からテンション高めです。

(続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

やるやら復活!?

2009.12.12 *Sat
小学生の頃大好きだった番組、
ウッチャンナンチャンのやるならやらねば
が復活(?)するそうです。
DVDが出るからその紹介かな。
(DVD買わなきゃ…)

番組が不幸な事故で打ち切りになってしまったため、
公共の電波で放送するなんて思ってもみなかった。

感無量です。

ホントに、ホントに大好きだったんですよ。
マモーが。
あああ、もう「マモーっ!!」て叫びたい…。

よく考えたら、この頃から私は顔面緑色のキャラクター好きだったんだな…。
擦りこみって恐ろしい…。
CATEGORY : 雑記
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/05 マンマ・ミーア ソワレ(2)

2009.12.11 *Fri
SALLYドナ
 大好きです、SALLYドナ
 元気でちょっとお調子者で強くてすっごく魅力的。
 第2幕はパワフルで感情的なナンバーが連続するのに
 見事に歌いきるんですよね~。
 カーテンコールの拳銃フッフッも健在だったし、
 幕が下りる時には、サムと一緒に
 お尻フリフリしてました

KATYロジー
 「めっちゃギリシャだわ」(四季版はどういう台詞なんだろう??)
 の決め台詞で締めるロジー。
 何度見てもビルに迫るシーンはいいですね。
 今回客席もノリノリで四方八方から
 声援(?)が上がっていました。

JANEターニャ
 お色気ムンムンターニャ。
 やっぱりJANEターニャでないと!!
 「DOES YOUR MOTHER KNOW」大好きです。

NORMANサム
 このNORMANサム、かっこいいんですよねえ…顔が
 ヒュー・ダンシーさん系統の(私が思う)イギリスのイケメンの典型な顔です。
 ヒトによっては貧乏くさい顔と評する場合がある系。
 前述のカーテンコールのお尻フリフリ等、
 あんな気難しそうな顔しているのに笑いをガンガンとりに行く
 その姿勢がまたステキ

PAULハリー
 PAULハリー、大好きです。
 彼がいるだけで場が和む。
 一幕では「THANK YOU FOR THE MUSIC」でサムを懐柔しちゃうし、
 二幕では、余裕の無くなったドナを「OUR LAST SUMMER」で
 癒しちゃうし。
 PAULハリーが出てくると自然と笑顔になれます。
 こういうヒトが一人いると、人間関係がうまくいくよな~。

BENペッパー
 ターニャに猛アピールし、気持ちいいくらい空振る
 ちっちゃい彼です。
 「DOES YOUR MOTHER KNOW」の身体能力は脱帽。

その他
 スカイ
  …役のOLIVERくん…この人、ちょっと顔が好きじゃないんですよネ…。
  スカイってライオンキングで言うシンバポジションなのに、
  なんか顔つきが犯罪者っぽい。
 ソフィ
  …役のNIAMHさんも…なんか擦れたカンジがしてしまうデス。
  小娘は家に帰ってあいのりでも見てな(エリー)
 ビル・エディ
  特に無いんでパス!

ジュークボックスの王道はやっぱりマンマですね。
ホントに何度見てもカーテンコールは盛り上がるし。
いつも帰りは拍手しすぎて手がジンジンしています。
日本に帰るとどうやっても見られないのが辛いです。
四季で復活しないかな~、マンマ。
未だに日本語のマンマミーアに触れたことが無い私デス。
実は細かい内容とか把握していないと思います。
(↑映画の字幕ですら見たことが無い…)

ウエストエンド最終観劇第三弾:転に続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/05 マンマ・ミーア ソワレ(1)

2009.12.10 *Thu
ウエストエンド最終観劇第二弾:承

10周年を迎え、最後の最後でキャストパンフレットが出ました♪
ドナ SALLY ANN TRIPLEFT
ロジー KATY SECOMBE
ターニャ JANE GURNETT
サム NORMAN BOWMAN
ビル CHRISTOPHER HOLLIS
ハリー PAUL RYAN
ソフィ NIAMH PERRY
スカイ OLIVER HEMBROUGH
ペッパー BEN HEATHCOTE
エディー SAM MACKAY

ロンドン プリンス・ウェールズ劇場にて観劇。
♪ストールズ(1階席) 前から4番目左より♪

003_convert_20091207055858.jpg
エロス像スノードームシリーズ。

プリシラの観劇記のときに、
「マンマより(プリシラの方が)面白かった」と書きましたが、
前言撤回そんなことないよ、やっぱりマンマ、面白いよ!!

台詞とナンバーのテンポが物凄く良いんですよね、マンマって。
今回は、スタンバイさん無しの全員オリジナルキャストでした。感激♪

(続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 最終話・蛇足

2009.12.09 *Wed
約1年間の英国の滞在も今日で本当に最後になりました。
いよいよ帰国デス


こんな機会がなければ、海外の友達なんてなかなかできないし、
貴重な体験ができました。
またいつか戻って来たいと思います。

イギリスは第2の故郷ダ♪

…なんて感慨に浸るよりも、
只今スーツケースが閉まらなくて真面目に焦っております。
仮にしまったとしても、あり得ないくらい重い。
ヒースローまでたどり着く自信が無い…。
ケンブリッジ→ロンドンで足に無数の痣作ってますからね。
(↑道路の往来に嵌るスーツケースを蹴り動かしているため)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/05 オペラ座の怪人 マチネ(2)

2009.12.08 *Tue
DAVIDファントム
 実は最後までいつもの貴関だと思っていました!
 言われてみれば、感情先行型だったかな??
 一幕の最後エンブレムの上で、
 絞り出すような声で歌い始め最後に激昂するシーンは
 凄まじかったです。

GINAクリスティーヌ
 このヒトは本当に可憐で可愛らしくて、
 クリスティーヌそのものです。
 映画版も彼女でよかったんじゃね?って思うくらい。
 (エミーロッサム、好きですよ。)
 しかし今回、良席であるが故、気付いてしまったことがあります。
 「オペラ座の怪人」でさらなる高音を引きだされるシーン。
 あれ…口パクじゃね…?
 毎日こんな声出してすっげえな、と思ってたんですけど…。
 アレ?コレ、皆してるの?まさか四季も?マサカマサカ…。
 ちなみに、どうしても「イル・ムート」のクリスティーヌが
 ブランチの姫様に見えてしまいます。(衣装とズラが…)

SIMONラウル
 お!背油君!
 イケメンな行動されると、
 あ~あ…(憐)って思ってしまいます。
 だんだん見慣れてきたんですけど、ねぇ。
 頑張れよ、サイモンくん!!

その他
 ANNAメグ
  なんか…パニック映画とかで最初に殺される
  金髪のオネイチャンみたいなコでした。メグじゃない…。
 GARETHアンドレ・BARRYフィルマン
  この支配人コンビは、重くなりがちなオペラ座を、
  お茶目なピアンジさん(今回はいつものROHANじゃなくて残念)と共に
  いつも和ませてくれました。

もうオペラ座最高!!
古典なのに今見ても色褪せないのは本当に凄い。

ウエストエンド最終観劇第二弾:承に続く。) 
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/12/05 オペラ座の怪人 マチネ(1)

2009.12.07 *Mon
ウエストエンド最終観劇第一弾:起
↑ちょっとジャンプとかエヴァっぽいサブタイトルにしてみたよ

オペラ座の怪人 DAVID SHANNON
クリスティーヌ・ダーエ GINA BECK
ラウル・シャニュイ子爵 SIMON BAILEY
カルロッタ・ジュディチェルリ MELANIE COWIE
メグ・ジリー ANNA CERVANTES
マダム・ジリー CHERYL McAVOY
ムッシュー・アンドレ GARETH SNOOK
ムッシュー・フィルマン BARRY JAMES
ウバルド・ピアンジ MARC VASTENAVONDT

ロンドン ハーマジェスティ劇場にて観劇。
♪ストールズ(1階席) 前から6番目右より♪

004_convert_20091207022017.jpg
ピカデリーサーカスのエロス像です。
写真だとわかりにくいですが、
ドームの中は雪が舞っていてスノードームの様になっています。

さて、ウエストエンドで初の「マチソワ」です。
(ちなみにソワの方はマンマです。)
ウエストエンドのオペラ座を見るのはこれで最後。

やっぱりオペラ座は王道のミュージカルだなあと再認識しました。
仕掛けも面白いし、ナンバーがどれも素晴らしい。
最初にシャンデリアが上がっていくシーンは
何度見ても鳥肌がたちます。

(続く。)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

ヤバイ!!

2009.12.06 *Sun
そういえば…FFⅩⅢの発売今月ですよね。

お、17日だ。
コーラスラインとウエストサイドストーリーの観劇の合間だな。
ずいぶん前に主人公の髪の毛がピンクでかわいい、と書いた記憶がありますが、
そこから記憶がブチ切れています…。

予約も何もしてない…。
むしろQS3…じゃなくてPS3も買ってない…。
というか、この前の銀魂の放送(ハチの回ね)を見ててハっとしました。
忘れてたよ、ゲーム関連。
ちなみにまだドラクエⅨも終わっていません…。
(お金貯めてたら飽きちゃったんだよ…)
なのにドラクエⅥリメイクですよ…。
リメイクするならFFⅦリメイクして欲しいぜ。

日本帰ってからで、売ってるかな…。
昔FFⅦがバカ売れした時、プレステ売り切れたよな…。

とりあえず、ソフトだけでも予約しておかなければ…。
最近ミュージカル・銀魂(同列だよ)に情熱を傾けすぎて、
スクウェアの情報収集を怠っていました。
普通にCMとかでインプリンティングされないから、
自ら情報を得ようとしないとだめなんですよね…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 最終話

2009.12.05 *Sat
12月4日をもちまして、欧州施設の全ての授業を修了しました。
ということでこれにて「プリンセスへの道」は終了です。

お疲れ様~私~。

長かったような、短かったような…。
実感がないというのが正直なトコロ。

最後にいつも通っていたサンドイッチ屋さんに行ったら
お店のおじちゃんがクッキーをオマケしてくれました♪
おりがとうな、サンドイッチのおっさん♪
013_convert_20091204235934.jpg
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

2009/11/21 JERSEY BOYS マチネ

2009.12.04 *Fri
Frankie Valli Scott Monello
Bob Gaudio Stephen Ashfield
Nick Massi Philip Bulcock
Tommy Devito Glenn Carter

ロンドン プリンス・エドワード・シアターにて観劇。
♪2階席 前から2番目 左ブロック♪

009_convert_20091122222934.jpg

3年前にロンドンに行った時は、
メリーポピンズだった劇場です。
なつかし~。

実在したアメリカのグループ、フォーシーズンズのストーリーです。
劇場の年齢層、ごっさ高かったですよ。
音楽も全編フォーシーズンズの曲。
マンマや、ウィーウィルロックユーと同じジュークボックス・ミュージカルです。

去年ブロードウェイでの話題度が凄かったので
一回は見てみたいな、と思っていた作品なのですが、
もう…すみません、全然話わっかんなかったです…。
要は、フォーシーズンズが底辺から大人気スターになっていく
サクセスストーリーですよ、あっはっは(ヤケ)

ただ歌も耳に馴染みのあるものだし、
曲とストーリーのテンポも良いので妙に引きこまれました。
派手な演出や、印象的なシーンというものは無かったのですが、
「良作」ってカンジのミュージカルでした。
(なんか上から目線な感想だな)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

プリンセスへの道 第88話

2009.12.03 *Thu
12月2日付けの、ケンブリッジの地元紙の報道です。

001_convert_20091203023926.jpg 002_convert_20091203024100.jpg

なんとウォルト・ディズニー・ワールドと
ケンブリッジが姉妹都市提携
を結ぶ可能性があるそうです。
面白いのは、「ケンブリッジとカリフォルニア州」ではなくて、
「ケンブリッジとウォルト・ディズニー・ワールド」が姉妹都市になるって事ですよね。

記事では一切断言していません。どのくらいの信憑性があるのやら…。
エキサイト新聞では無いので、ある程度信用が置けるのですが書き方は可能性を示唆する程度。
でも1面と3面割いています。

…と思って、欧州施設の先生に聞いてみたのですが…。
皆さんの反応は…
「…へえ…」

…なんか「3ヘエ」くらい??(古いな)

私この国に来てから思うのですが、
皆さんあんまりディズニーに関心がないと思うのですよ。
関心がないというか、愛がない。ディズニーに対して。
ネズミの国日本支店の県から来た私は結構カルチャーショックです。
日本だったら大騒ぎしそうなのに。

続報気になるなあ…。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

オズの魔法使 70周年

2009.12.02 *Wed
今年はミュージカル映画「オズの魔法使」70周年。
008_convert_20091126052239.jpg

つーかマジでオズ・ブーム来てない、コレ?来てるよね!?

記念DVDが発売されたり、各地でイベントが開催されていますね。
マノロやジミーチュウなどの各ブランドが「ルビーの靴」を発表したり。

さて本題。
先日チコっと紹介しましたが、
ロンドンではハロッズがオズの魔法使祭りです♪

なんと夜のはエメラルド・シティを
イメージしたエメラルド色のライトアップです。
010_convert_20091126045746.jpg
ああもう、頭の中はウィキッドの「one short day」リフレインですよ。

ショーウィンドウも全てオズの魔法使いをモチーフに飾られています。
グリンダ様~(ウキャ~!) 
005_convert_20091126050151.jpg 010_convert_20091126050631.jpg 011_convert_20091126051827.jpg
ハロッズ×オズの限定グッズとか発売すれば飛びつくのに(私が)。

ちなみにこのブログのタイトル「ウィンキー城」は、
西の悪い魔女(エ・ル・ファ・バの居城からいただいています。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。