スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/04/18 ウィキッド マチネ(2)

2009.04.21 *Tue
観劇記続き。

気がついたこと。

紙関係。
エルフィはなんでもグシャ!ってする。
これは絶対欧米とニポンの違いだと思います。
エルフィとディラモンド先生がお昼を食べるシーンです。
ニポンでは、エルファバがランチを包み直してからカバンに戻すのですが、
NY含めこっちで見た限り100%
欧米人のエルフィはカバンにグシャ!ポイッ!ってする。
後半フィエロのお手紙すらグシャってするのには
えええ!!って思うんですよね。
たたんで!!大事にしまって!!ってニポン人は思うとですヨ…。
あ。でも私、欧米版エルフィってケリーさんしか見てないんだな。
もしかしたらKerryエルフィのみの演出かもしれません。
ん~飛行機の座席とか見る限り多分欧州スタンダードだと思いますが。


グリンダの受難
というか、今回はポピュラーでハプニングが!!
グリンダのベッドが何故か逆さまで登場。
二人のやり取りはずっとエルフィのベッドで。
Dianneグリンダ歌い踊りながらだから、本当に大変だったと思います。
結局ベッドがはけるシーンはスタッフが出てきちゃってたから
ホントにどうにもならなかったハプニングなんでしょうね。

なのに、なのに同じシーンでもう一つ大問題が。
いや、私はポピュラー始まる前に気づいていたのです。
ピンクの花、頭についてないよグリンダ!!!

ポピュラーの最後、グリンダが自分のヘアアクセサリーの
ピンクの花を抜いて、エルファバにつけてあげるための大事なアレが。
イヤ、もう私がポピュラー中ずっと気が気でなかったです!!

Dianneグリンダ、どうやら全然気がついてかったみたいで、
そのシーンになってから、頭に手をやって、初めて花が無いことに
気づきました。だって、完全に「あり??」って顔してたもん。
もう、絶対頭真っ白になっただろうな…。
でもさすがプロ。
自分のピンクのドレスの布地をエルフィにあてがって、
さも、「ホラ、あなたピンクのドレスだって似合うのよ」って
感じの雰囲気をかもしだして台詞を続けていました。
プロってスゴイ。
ということで、本日の観劇はDianneグリンダの受難が全てでした。
いや、よく頑張った!!

ロンドン版で好きな演出や、好きな役者さんも出てきましたが、
やっぱり100%台詞が理解できて、ちょっとした仕草や反応や
笑いのツボがしっくりくるニポンのミュージカルが恋しい
今日このごろです。
スポンサーサイト
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。