スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/05/23 ANGELS & DEMONS(映画鑑賞)(1)

2009.05.23 *Sat
パリ旅行が長くなりそうなので、(写真アップするのめんどくさくて)
ちょっと中休み。今日は映画「天使と悪魔」について。

ダヴィンチコードに続くラングトン教授シリーズの第二弾、
ANGELS & DEMONS(天使と悪魔)を観てきました。
第二弾、といいつつ、原作ではダヴィンチコードより前の話なんですよね。
ダンブラウンの作品では、この天使と悪魔が一番好きです。

専門的な言葉が氾濫するので、内容がわかるか心配でしたが、
結構大丈夫でした。
聴き取れたわけでなく、なんか…24みたいじゃった…。

1時間ごと(だよね??)に枢機卿が殺されていく、
12時(だよね?)に秘密兵器がバフハツする!
わああ!!死体発見!!次行かないと間に合わない!!
トムハンクスより、キーファサザーランド(ジャックバウアー)の方が、
よかったんでないの??ってカンジの映画でした。

昨年イタリア旅行に行ったのですが、
システィーナ礼拝堂、サンピエトロ寺院・広場のバチカン市国、
ナヴォーナ広場、パンテオン(コーヒーかき氷うまかったなぁ)のローマ、
歩き回ったところがたくさん出てきて楽しかった!

リスニングについて。
トムハンクスさん、この人の英語全然ききとれなかった…。
多分イギリスに来てから今まで見た映画の中で、
一番聞き取れなかったと思う。
反対にユアンマクレガーさんの英語は、すっごい聴き取りやすかった!
元から好きだったけど、もっと好きになりました!

あと、どうでもいいけどやたら電化製品の「SONY」ロゴが気になりました。

続く。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。