スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスへの道 第53話

2009.06.10 *Wed
パリ旅行後日譚です。

フランス王子からのワインをヒューとペネロピにきちんとお渡しした姫様。
ヒューもペネロピも、「重いのに持ってきてくれてありがとう」と
言ってくれましたよ。
そういう一言を忘れない人たちだから姫様は大好きなのです。

一方。

とある日の休み時間、ホームズに話しかけられました。
ホ:オマエはヒューと友達か?
姫:No Sir !
  先に出兵した巴里にて、旧友から預かった品を渡しただけであります。
ホ:そうか。
  この前、ヒューが「姫からもらった」とワインを持っていたから不思議に思ったんだ。
  なんでこの俺様の生徒が他の教員にワインなんか渡すのか。

おまえはどんだけジャイアニズム炸裂ですか!?
思っただけです。言いません。言えません。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。