スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスへの道 第6話

2009.01.13 *Tue
さて、湯浴みのことで、
その繊細なお心を甚くかき乱された姫様でありましたが、
けろっと頭を切り替えられ、
お出かけの御仕度を始められました。

御出立の際、菜の花藩主御台所である姫様の御母君が、
御自らお作りになられたおにぎりと、即席の汁物で
朝食をお済ませになりました。

庶民の出で立ちをしても高貴な出自を
隠し通せぬ麗しきお姿になり、
朝7時を過ぎてもまだ暗い外を覗いたところ、
姫様の目に飛び込んできた風景は、
なんと、うっすら雪景色でございました。

「今日は休むのじゃ…」
姫様、
いけませぬ!なりませぬ!
ベッドに籠城されるのはおやめくださいませ。
姫様は菜の花藩姫君であって、
ハメハメハ大王のご子息ではございませぬ!

ちらちらと粉雪が舞う中の初登校となられた姫様。
学校の場所を確定する道具は、
フィルチが語学学校の位置を「×」と記した地図のみ。
…姫様、姫様は語学と同様に
方向感覚もご不自由であるのに、
何故お一人で御出立されるのでございましょうや。
少しお待ちになれば、
宮殿から出てゆく者は皆、同じ学校に向かいますものを…。
「西洋竜探訪」の主人公達も、
「究極幻想」の主人公達も、
皆、ワールドマップを歩く際は、
仲間を伴っているではありませぬか…。

さて、結果は奇跡的にも、
姫様が道に迷うことはございませんでした。
しかし、凍える寒さ、確信の持てぬ方向故、
辛く厳しい道のりであったことは言うまでもありません。
ええ、たとえ10分程度だとしても!

ところで、
「英国人は多少の雨では傘をささない」と
言われておりますが、
雪においてもそれは当て嵌まりました。
普段、姫様も横着…いえ、面倒臭がって…いえ…。
…は!そうそう、その崇高な生活方針の基、
多少の雨では傘をささない方ではありますが、
傘に関しての「欧州スタンダード」は、
姫様の範疇を著しく超えていたのでございました。
スポンサーサイト
COMMENT (2)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

姫さま~~~~
ご無事にお過ごしのご様子、しかもウイキッドご観劇も楽しまれてるようで!!v-25正直ホッとしていますv-14まだまだ始まったばかり、プリンセスの中の超プリンセスへの道のり・・・・がんばってくれだのv-7v-9v-14
2009/01/18(日) 13:51:11 | URL | ひろみーぬ #- [Edit
Re: Re: タイトルなし
> うむ。
> 初コメント、祝着至極。
> 姫は大変うれしく思うぞ、ひろみーぬ。
> 褒美に、四川省の大熊猫を好きなだけ持ち帰るが良いぞ。
2009/01/20(火) 02:58:11 | URL | 菜の花小町 #- [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。