スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/01/14 オペラ座の怪人 ソワレ

2009.01.16 *Fri
オペラ座の怪人 RAMIN KARIMLOO
クリスティーヌ・ダーエ GINA BECK
ラウル・シャニュイ子爵 SIMON BAILEY
カルロッタ・ジュディチェルリ KATE RADMILOVIC
メグ・ジリー TORI JOHNS
マダム・ジリー HEATHER JACKSON
ムッシュー・アンドレ GARETH SNOOK
ムッシュー・フィルマン BARRY JAMES
ウバルド・ピアンジ ROHAN TICKELL

ロンドン ハーマジェスティ劇場にて観劇。
♪ロイヤル サークル 6列目の真ん中♪

初めて、ロンドンオペラ座でした。
本場と思っていたけど、劇場は結構小さめ。

オペラ座を初めて観たのが、
映画であったため、
実は、四季のオペラ座を観たとき
正直がっかりした私。
もちろん、舞台としてのレベルはバッチリですヨ!!
しかし如何せん、容姿の部分でどうしても…。
日本人の限界をみてしまった感が否めず。
(劇団四季さんごめんなさい)

なので、かなり容姿の部分がウキウキで観劇に臨みました。

なのに!!
なのに!!!

え、まさか、あそこのラウルの立ち位置にいる、
豚の背油君みたいなのがラウル…?!
(北澤ラウルの方が数億倍かっこいい…)
え!!
昔の貴乃花みたいに顔パンパンなのファントム!!??

という外見でした(嗚咽)
ああ、私だったらどちらも選べないわ、クリスティーヌ…。

ファントムの人がすごいひどくて(この表現もひどい)、
プログラムに載っている顔写真と全然違うですヨ!
上演前の写真見て、
胸弾ませた私の乙女心を返して、貴関…。

歌は大満足でした。
唯一ホントに可愛かったクリスティーヌが、
カルロッタ役ができそうなくらいの感情の起伏の激しさで、
ちこっととっつきにくかったキライはありますが。

セリフは…。
…。
…。
4分の1も聞き取れませんよ、ええ!!
でも、クリスティーヌの「I can't~」って台詞が、
ちゃんと「あい かんと~(イギリス発音)」だったのは
聞き取れたです。(私ってスゴイ)

久しぶりに華やか「マスカレード」も観られたし、
辛辣なコメントになってしまいましたが、
ホントに満足しました♪
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。