スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/06/18 ウィキッド ソワレ(5)

2009.06.26 *Fri
闇に生きる
 この歌に至るまでの二人の女の戦いが好きです。
 樋口さんの「あんなシャボン玉に乗るよりましでしょ」って
 台詞が絶妙なタイミング。
 ライオンキングのシンバで登場するフィエロは
 タイミング外しすぎ。(良い意味ですよ)
 フィエロとエルファバのことを認めるグリンダが潔くてかっこいい!
 このミュージカル、とことん女性陣がカッコ強いですよね。
 
魔女を殺せ
 マダムモリブルの「よ~くお聞きなさい、お嬢ちゃん」
 が、迫力に欠けた。
 八重沢モリブルは、徹底的に冷酷無比なモリブル先生だと、
 魅力的だと思います。

あなたを忘れない
 猿のチステリーが、エルファバのことを理解していて、
 人間ではないけど、エルファバの友達であることが伝わるのが四季版。
 チステリーは所詮召使で、境遇はオズ陛下の処にいた頃と
 何一つ変わっていないのが欧米版。

フィナーレ
 そして物語の冒頭に。
 沼尾グリンダの表情がもうかっこいいやら切ないやら。 

感想長すぎた…(反省)。
やっぱり四季のウィキッドが一番良いです。
言葉もあるけど、演出が細やか。
欧米は役者の裁量に任せているんだろうけど、
任せすぎててぞんざいに感じる場面が多いです。
とくに後半は何に焦っているのか、やっつけで進めているようにしか思えない。
チステリーなんて私でも出来ると思えてしまうし。
四季版は丁寧に丁寧に作っているのがひしひしと感じました。
四季のありがたみがわかった上で、また通いたかったです。
海劇場、終わってほしくないよう…。
9月の観劇が楽しみ♪

終わり。
スポンサーサイト
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。