スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスへの道 第60話

2009.07.02 *Thu
ホームズ、ボイコットの翌日、午前のメイン授業。

ルパンがお休みで代打はヒュー。キャッホウ
今、ヒューはアンブリッジと共に教務主任を務めています。

授業の最初に、
「君のビジネス英語のクラスは上げた方がいい、って
 ホームズが、言っていたけど、どうする??」
言われましたよ。

早速追放か?破門か??(好都合だ!)

「いやあ、でも私昨日1日しか出てないから
 レベルが合っているかどうか、わからないですヨ(でへでへ)」
と答えたら、
「え??一日?昨日が初日??」
と、ヒューもびっくりですヨ。
結局ホームズと一回話してみることにして
ヒューとの会話は終わったのですが。

しょうがねえから、貴重な休み時間を割いて
ホームズと話したら、
「あのクラスは全然君のためにならないから」
総統は相当午後のクラスが以前からお気に召さない様です。
あ、本当に私のためを思って進言してくれてたのか…な?(←疑)

昨日の態度であのクラスキライなの一目瞭然でしたけどね。
「マジ昨日むかついたんだよ」
と最後に一言。(う~わ。生徒に言うか。)
他のクラスメイトは、何に対してホームズがイライラしているのか
全然察していないのが一番のお怒りの原因みたいですね…。
(うん、確かにそんな感じだった)

ということで、波乱含みのビジネス英語でありますが、
仕切り直しで、違うビジネス英語のクラスに移動しました。

ヒューが気にかけてくれていたらしく、
アンブリッジが処理した後にも関わらず、
わざわざ話しかけてくれました。
いやあ、ヒューは教育者だなあ、と惚れ…見直したです。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。