スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/05 ウィキッド マチネ(2)

2009.07.07 *Tue
注意:この記事、完全にストーリーのネタバレしています。

Gregorフィエロ
 高慢英国紳士オリバーフィエロと比較すると、
 良家のお坊ちゃんで優等生学級委員タイプのフィエロでした。
 なんか、みんなを堕落させるというより、
 みんなが楽しめるように気を使っているフィエロ(笑)
 長身のフィエロで、ダンスもちゃんとしてる。
 案山子ッポイです。
 顔はオリバーフィエロと似てるんですよねぇ。
 最初、「アレ?しばらく見ない内にオリバーぼっちゃま背が伸びた?」
 と思いましたモン(おバカ)
 最後のシーン、フィエロとエルファバがオズを去っていくシーンで
 ストーンと照明が落ちて終わるのですが、
 北澤フィエロって、この瞬間にガクっとよろけるんですよね…。
 ちょっと先行き不安…?って思っちゃうのであまり好きではないのですが、
 このGregorフィエロは力強く一歩踏み出そうとしたところで
 照明が落ちます。
 こっちの方が前向きで好きです。

Georgeボック
 これまた初めてボックです。
 金田ボックとは対照的!
 もっさりした純朴ボックで、
 純粋な舎弟体質なんだろうな…ってカンジ(笑)
 金田ボックの黒さ…というか卑屈さ(失礼)とは真逆の
 応援したくなるようなボックでした。

Natalieネッサローズ
 恋愛至上主義なネッサですね…。
 あああ、このパワーじゃ、あのもっさりボックは
 いうこと聞くしかなかっただろうな、と妙に納得できるカップルです。

Samオズの魔法使い
 「Which is witch...?」で、自分の行ったダジャレに
 「ぷくくくぅ~!!」っと照れ大ウケしているシーンが
 可愛かったです。
 こんなんで、今までよくオズの国治めてこられたな…
 と呆れるくらいおちゃめな陛下でした。

サマーバケーションシーズンの所為か、
初めて観劇の人ばかりだったようです。
どのシーンも反応が恐ろしく盛大でした。
フィナーレで案山子になったフィエロが登場すると、
「スケアクロウ?」「スケアクロウ!」っとそこかしこで聞こえ、
死んだと思っていたエルファバが、
案山子のことを「フィエロ」と呼んでピョコンと出てきたときは、
会場が動揺してました(笑)
イギリスで「Oh My God !」ってほとんど聞かなかったけど、
みんなむっちゃ言ってた(笑)

今回は、エルファバが明るかったせいか、
とっても楽しい舞台でした。
そして、教室のシーンや、グリンダvsエルファバのシーンで、
ロンドンカンパニーさんが四季ウィキッド観たとしか思えない
演出が追加されていてびっくりでした。
スポンサーサイト
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。