スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

再臨、レディ オスカル

2009.07.23 *Thu
スプラウト先生の授業で
「あなたのディナーパーティーにどんな著名人を招待するか」
ってテーマを扱ったのです。

歴史上の人物だろうとサッカー選手だろうと
女優だろうと誰でも良い、ってやつです。

イタリア人の女の子(17歳!)と一緒に考えることになったのですが。

私が「マリーアントワネット」と提案したら
「じゃあ、私はレディ・オスカルを呼ぶわ。知ってる?レディ・オスカル」

ホントにベルサイユの薔薇が好きらしくて、
むっちゃ熱弁ふるわれました。
以前同じフロアに住んでいたイタリア王女も知ってたしなぁ。

ベルばらはイタリア・スタンダードなんですかね。
それともたまたまかしら…。

スプラウト先生が回ってきたトキ、
彼女は最後の顛末まで事細かに説明していました。
スプラウト先生、旦那様がフランスの方で、
ものすごい興味があったらしく。
「こちらのアニメはトムとジェリーみたいな単純なものしかないのに
 日本はすごいわね」
「オスカル様は本当にりりしくて華麗で素敵なのよ!!」
って感心したイギリス人にイタリア人が自慢してました。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。