スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/08/31 ブラッドブラザーズ マチネ(3)

2009.09.17 *Thu
TSUKASAミセス・ジョンストン
このTSUKASAさんって全く知らない方なのですが、
歌がパワフルで存在感のある方でした。
肝っ玉母ちゃん!!って言葉がぴったりで、
子供たちの悪っぷりにもどーんと構える大黒柱。
最初から最後まで、このミセス・ジョンストンが主役だったんじゃないかな、
と思ってしまうくらい。

伊藤サミー
悪ガキからろくでなし「稀代のワルだね、ありゃ」に成長した典型の
ミッキーのお兄ちゃん。
子供時代も、悪ガキ!ロクな大人にならないだろうな、
と思っていたら案の定ロクな大人になりませんでした。

鈴木リンダ
ミッキーのガールフレンド。
鈴木亜美さん…こんなところで頑張っていたのね~ってカンジでした。

下村ナレーター
この人、モノすっごい見たことある。
名前もモノすっごい見た感じの漢字。
そして、モノすっごい懐かしい感じがする。
でもイマイチ誰だか特定(?)出来なかったので
ちょっと気持ち悪かったのですが。
後から調べたら、最近まで四季にいらした俳優さんだったんですね。
それも結構重鎮だったっぽい。
四季の匂いに敏感になったなぁ。
多分直接四季の舞台で拝見した事は無いのですが、
折に触れて何かしら目に入っていたのでしょう。
ナレータ、狂言回しの役回りで、東宝の世界とちょっと違う世界に住んでいる
夢の配達人ポイ…妙に懐かしい感覚を覚える方でした。

観劇の当日は、武田・岡田組の千秋楽日。
なんと、私の真後ろの席に、
次公演からのエディ役、田代万里生さんがいらっさいました。
あと、当初サミーお兄ちゃん役で出演予定だった
柱谷正樹(レーザーラモンHGデスヨ!フォー!)さんがいらしてました。
初めてフォーの格好じゃない彼を見た…。

(終わり。)
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。