スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/09/02 ウィキッド ソワレ(2)

2009.09.20 *Sun
江畑エルファバ(続き)

 演技。
 これが、無理でした。本当にムリ。
 訛りに関しては全然わかりませんでした。
 そういうことじゃなくて、エルファバのとらえ方が無理。
 濱田エルファバ・樋口エルファバ、沼尾グリンダに西グリンダ。
 皆さんそれぞれのアプローチの仕方のキャラクターも
 ウィキッドの楽しみの一つなのですが。
 江畑さんのエルファバは、自分大好きなんですよ。
 自己制御できずに使ってしまった魔法なのに
 うっとり自己陶酔していたり、
 フィエロに「君はそのままでいいのに」ってさりげなく言われた台詞に
 輝くような笑顔を向けたり。

 コンプレックスを抱いて生きてきた、
 変な力も自分の感情が突っ走って暴走してしまう、
 自分の信念を貫いたために、世界の敵になってしまった
 もどかしさや切なさやどうしようもなさっていうのがわからないんですよ。
 むしろ、自ら進んで世界を敵に回して、
 悲劇のヒロインなんです私!っていうのをアピールしたいカンジ。
 誤解を恐れずに言ってしまえば、
 韓国でウィキッドを演じる際には「ウケル」エルファバだと思います。

 汐留ウィキッドのエルファバ、
 ちょっと完全燃焼で見られた!!
 というには程遠い感想をもってしまいました。
 
 いや、十人十色のエルファバが居て当然なので、
 単に私には合わなかったというハナシです。
 
(続く。)
スポンサーサイト
CATEGORY : ウィキッド
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。