スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/10/07 オペラ座の怪人 ソワレ

2009.10.10 *Sat
オペラ座の怪人 NIGEL RICHAEDS
クリスティーヌ・ダーエ GINA BECK
ラウル・シャニュイ子爵 SIMON BAILEY
カルロッタ・ジュディチェルリ LEBECCA LOCK
メグ・ジリー EMMA HARRIS
マダム・ジリー NICKY ADAMS
ムッシュー・アンドレ GARETH SNOOK
ムッシュー・フィルマン BARRY JAMES
ウバルド・ピアンジ ROHAN TICKELL

ロンドン ハーマジェスティ劇場にて観劇。
♪サークル(2階席) 左の端っちょ♪

学校のソーシャルプログラムで行ってきました。
初めましてな人がたくさんでしたヨ。

まずNIGEL怪人。スタンバイの方です。
横綱貴関ないつものRAMIN怪人と比べて…
ちっさ!!!
横綱どころか小結!!ゴブリン!
登場したとき、現実を受け入れるのに時間がかかりました。
「何これ?コレ怪人?怪人コレェ!?」
みたいな、ね。

そして相変わらずな豚の背油君SIMONラウル
ホントにクリスティーヌ、究極の選択だな…。
今回ショックだったのは、一度だけラウル役を拝見した
実力派かつイケメンのスタンバイELLIOT HARPERさんが、
キャストプラグラムから外れていたこと。ぎゃぼーん。
私たち…もう二度と彼の顔を見られないわ…(byエルファバ)

お馴染みのGINAクリスティーヌは相変わらず綺麗!
可憐な容貌と美しい歌声でまさにクリスティーヌです。
小結とブタゴリラどっちか選べなんてかわいそうなヒロイン(泣)。

カルロッタ、メグ&マダムジリー親子の、
おっかな強い3女傑もキャスト交替していました。
LEBECCAカルロッタは強いソプラノがとても迫力があって、
カルロッタそのもの。

ピアンジ、アンドレ&フィルマン支配人コンビは、
変わらないキャスト。オペラ座での数少ない笑いをガンガンとっていました。

オペラ座は音楽も良いけど、仕掛けも面白いですよね。
ちょっとこの劇場で観劇していて残念なのは、
セットを移動させる時のガラガラ音が目立つこと。
最初のシャンデリアが上がっていくシーンももたつくんですよねぇ。
あと、仕掛けがスゴイのに稲妻だけ妙にしょぼいのは何故だろう…?
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。