スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/12/20 エリザベート ソワレ

2008.12.20 *Sat
エリザベート 涼風 真世
トート 山口祐一郎
ヨーゼフ 石川 禅
ルドルフ 伊礼 彼方
ゾフィー 寿ひずる

はじめましてエリザベートです。

面白かったです。
心の琴線には触れませんでしたが(笑)
もう一回くらいは見たいかな。

山口祐一郎さんと、それ以外の人達で
歌唱力が歴然でした。

山口さん、大河ドラマのどうでも良い役柄(失礼)しか
拝見したことなかったので、
こんなにも存在感があるひととは思いませんでした。
歌声もオペラ座のラウルの時のCDしか知らないので。
背も高いし、かっこいい~。
山口さんのオペラ座ファントム観たかったなぁ、と
強く思いました。

さて、肝心のエリザベートですが、
初めて観劇なので、
特にありません(笑)
もうストーリー追うだけでいっぱいいっぱい。

とりあえず感想は、
トートの登場シーンで、
「みんな私に会えてうれしいのね!」って
言って欲しかったのと、
ビリーガールズ(ⓒアリーmyラブ)ならぬ、
トートボーイズ(トートダンサーズ)が
邪魔くさいな、と思ったことくらいかな。

あと、劇団四季の母音発声法で慣れてしまった
私の耳には、ものすごく台詞が聞き取りにくかったです。
特に高嶋お兄ちゃん。
何言ってるのか全然わからなかったヨ…。
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。