スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスへの道 第23話

2009.03.23 *Mon
ブログの更新を怠っていたバチが当たったのか…。
姫様、死ぬところでした。マヂで。

その日(つーか今日ですよ!)は午前授業で終了の日。姫様は饂飩藩の姫様と、
シティセンター(中心街)にランチを食べに行く途中で起きた出来事でした。

ガコッ

と大きな音が姫様の右後ろからしたのでございます。
何かと思って振り向くと、
信号機に、フロントエンジン突っ込んでる車が一台。
距離にして姫様から1メートル。
信号機、道路の反対側に吹っ飛び。信号機のポール、車道側にへし折れ。
危ないな~と、んぼーっとしてる姫様と正反対に真っ青になってる饂飩藩の姫様。

この車、車道から突っ込んできたわけでなく、
歩道から、車道に向かってガシャンコしてたんですね。
てっきり小道から出てきてハンドルを切り損ねたか何かかと思っていた姫様。

しかしながら。
一部始終を目撃していた饂飩藩の姫様の説明によると、
この車、
歩道をかっ飛ばしてきたらしいのです。

この信号機にぶつかってなかったら、完全に姫様は轢かれてた
とのこと。
つーか、轢かれなかったにしても、破片が刺さるとか、
信号機がこっちに吹っ飛んでくる場合だって十分あり得たわけで。

ははぁ…。
何やら、もう…正直言ってコメントのしようがないのですが。
とりあえず信号機さん、ありがとう??
歩道かっ飛ばしてくる車なんて、気をつけようもないし。

ケンブリッジが安全な都市だなんてウソッパチですよ。
歩道を走る頭のおかしい人が少なくとも一人います。
これから渡英するヒト、気をつけて。
九死に一生を得タ。真面目にこの言葉使う日が来るとは思わなかったとです。

ちなみに中の人は無傷で無事でした。(死ねばよかったのに)
スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。