スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリンセスへの道 第26話

2009.03.27 *Fri
フィルチ・レジェンドin宮殿編

実は結構昔の話なのですが。その2。

ある日、姫様はフィルチからお願い事をされました。
聞き取れない姫様が何となくわかったのが、

ハチが、他の欧州施設のスタッフと、
何人かの学生の部屋を見たがっているから
姫様の部屋を見せてあげてくれ。
時間は水曜の午後。


との内容。
シャワールームの水捌けの件で、
御恩を感じていた忠義深い姫様ですが
(他国の皆様に言わせると、お金払っているんだから当然だそうです、皆強い。
水曜日の午後は、ペネロピ先生の授業がある日。
フィルチに言ったら、
「こちらからペネロピに伝えておくのでノープロブレム」とのこと。

いや、私の授業が削れるんだからノープロブレムじゃないよ。

と思った姫様でしたが、断るのも面倒くさいので
姫様は優しくて慈悲深い素晴らしいお人柄なので承諾しました。

スポンサーサイト
COMMENT (0)  TRACKBACK (0) 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List


Copyright © ウィンキー城のひみつきち All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ (素材:ふるるか) ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。